スウェーデン、ストックホルム

ブラッドムーン(皆既月食)と夏の終わり

Sponsored Link

 

天体ニュースは(も)チェックしていないので、ストックホルムでもオーロラが少し見えたという滅多にない話を後で知って、残念に思ったことが何度かあるが、昨夜(2017年8月8日)、夜空に現れた大きなオレンジ色の満月は、偶然、見ることができた。

いつものようにパソコンの前に座っていると、目の前にぽっかりと、見たことのない不思議な満月が現れた。同居人が、ブラッドムーン(Blood moon)だと言った時、すぐに皆既月食という言葉は思い出さず、「血の色をした月」という名にぴったりの、映画にでも出てきそうな、オドロオドロしい月だと思った。

上の写真はわたしが撮ったものではないが、写真通りのオレンジ色の満月だった。午後10時前なので、空はまだここまで真っ暗ではなかったが。

白夜の北欧では、夏に夜空や星を見ることがないので、月を見るだけでも夏の終わりを感じさせられる。

2日前の午後8時半、同じ場所に座っていて虹を見た時の空の明るさは、こうだった。

(2017年8月6日撮影)

スウェーデンでは、来週8月16日から新年度が始まる。

休暇に出かけていた人たちも、そろそろ戻ってきている時期で、夏の間は、静かだったストックホルムの街も活気を取り戻しつつある。

あの夏至祭ポールは、今ではこうなっている。

(2017年8月7日、Tullgarn Palaceで撮影)

北欧で学ぶ、行き過ぎない観光地のあり方:絶景の中のとても小さな宿泊施設(ノルウェー、ロフォーテン諸島)前のページ

スウェーデン、「夏休み明け休み」が欲しい、ふざけちゃいるけどわかる気持ち次のページ

関連記事

  1. 人間ウォッチング

    ストックホルムで本格寿司懐石:日本で修行したバングラディシュ人寿司職人の店、Minako Sushi…

    ストックホルムにはミシュランガイドに載っている有名寿司店もあるが、そ…

  2. 人間ウォッチング

    ノーベル賞2019年、財団の充実ウェブサイト

    2019年10月9日、米国のJohn Goodenough、英国のS…

  3. スウェーデン、ストックホルム

    2020年夏至(ミッドサマー)の思い出:スウェーデンは湖水浴場の宝庫

    2020年夏至祭の週末、スウェーデンは素晴らしい夏日だった。…

  4. スウェーデン、ストックホルム

    吉野彰氏がストックホルム日本人学校を訪問

    ノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏が、2019年12月7日土曜日、夫人…

  5. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデン、「夏休み明け休み」が欲しい、ふざけちゃいるけどわかる気持ち

     秋風の吹き始めたストックホルムは、子どもも大人も先週の半ばに…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  2. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  3. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  4. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  5. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  6. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  7. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  8. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  9. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  10. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  1. コロナ

    「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウンド・オブ・ミュージッ…
  2. コロナ

    小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映画がワイドショーを変…
  3. 人間ウォッチング

    NHK「100歳から始まる人生」の103歳スウェーデン人ブロガー、105歳を迎え…
  4. こころ・心理学・ユング

    意味のある苦痛は味わうべきか、避けてもいいのか
  5. こころ・心理学・ユング

    親になって知ったことは、親のありがたみより子のありがたみだった
PAGE TOP