スウェーデン、ストックホルム

ガイドブックに載っていないストックホルム最新情報:北欧の夏を満喫できる屋上バーRooftop Bar at Urban Deli

Sponsored Link

Sponsored Link

オーガニック系食料品店とレストランが合わさった新しいスタイルで、数年前にストックホルムにオープンして以来人気のUrban Deliが、2017年、ストックホルム中心部の、自店舗が1階に入っているビルの巨大な屋上スペースに、軽食もできるバーをオープンして話題になっている。7月15日現在の気温20度、日の入り22時。爽やかで明るい北欧の夏を満喫するのにぴったりの、お勧めバーを紹介する。

Rooftop Bar at Urban Deli

Urban Deliの入り口から入って直進、奥の方の屋上行きのエレベーターで9階へ。エレベーター内には、屋上から見える景色のイラストが全面に描かれ、軽快な音楽が大音量で鳴り響いている。

屋上レストランそのものは珍しくなくても、この広さと360度見渡せる景色は圧巻。写真では高さや空間の感じが伝わりにくいが、かなり高いところにあるオープンスペースから街を見下ろせるので、いつもは下から見上げている教会の屋根が、同一平面に見えて非日常的な気分になれる。
(下の写真の柵の向こうの地面のように見える部分は、屋上ガーデンの花畑。その向こうは空。)

バーは室外に2箇所、室内に1箇所。食べたり飲んだりするスペースが、屋上内のあちこちにバラバラにあるのがユニーク。街を見下ろしながら、横に並んで座るもよし、バーに佇んでグラスを傾けるのもよし、ソファーにどっかり腰かけるのもよし。
食べ物を注文できるカウンターと室内レストランは、屋上の真ん中にあり、外につながっている。

下が屋上マップ。真ん中の茶色っぽい部分がレストラン。緑のところのあちらこちらに、椅子やテーブルがバラバラと何気なく散らばっている。雲の中とまではいかないが、空に近いところにいる気分にはなれる。

食べ物は、冷たいもの(サラダとつまみ類)しかないので、温かいものをガッツリ食べたい人は、1階の普通のレストランに行って、食後のドリンクに上がってきた方がいいが、ヘルシー志向の人には、1食のメニューとして質的にも量的にも申し分なし。

昼のサラダメニューは、三種。エビサラダ(155クローナ、約2,000円)、豆腐サラダ(135クローナ、約1,800円)、焼きサーモンサラダ(135クローナ、約1,800円)。写真は。エビサラダと焼きサーモンサラダ(プラスチックのコンテイナーに入っているのはかぼちゃペースト)。たんぱく質以外の部分は、ただの葉ッパもののグリーンサラダではなく、エビサラダには、マンゴーやブロッコリー、サーモンの方にはキヌア類がたっぷり入っていて美味しかった。

冷蔵庫に並んだパックを買って、そのまま食べるだけのピクニックスタイルで、同じサラダを下の食料品店(普通の食料品店より高級)で買えば100クローナ(約1,500円)だが、場所代と思えば高くない。

2017年夏は8月13日まで毎日営業

8月13日まで、12時より毎日深夜まで営業。
上の写真は、午後3時の空いている時間。
夜はとても混む。予約不可。
行列→名前と携帯電話番号を書き込む→空席ができると、SMSで連絡が来る。

Sveavägen 44、アクセス

Sponsored Link

住所:Sveavägen 44、ストックホルム中央駅から徒歩15分。
地下鉄グリーンラインHötorget下車、Olof Palmes Gata出口の目の前。

●地下鉄Hötorget駅は、中央駅の隣の駅。中央駅からは、進行方向一番前の車両に乗って降りたところが、Olof Palmes Gata出口に近い。
●改札を出たら、Pressbyrånの右側の階段を上ると、目の前がUrban Deli。(UDのマーク)

スウェーデンの1コマ漫画「ダイエット:ビフォアーとアフターの真実」前のページ

Kim Kyungsoo展次のページ

関連記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    気がつけば30年、日本人夫婦が外国で定年を迎えたとき

    外国に住んでいる日本人の事情はいろいろだが、子供のアイデンティ…

  2. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンの1コマ漫画「人生とは・・・」

    人生とは、あなたが、人生とは何かについて、ソーシャルメディアで…

  3. スウェーデン、ストックホルム

    夏といえばTed Gärdestad、スウェーデンの尾崎豊

    このコラムは2016年6月に別サイトで公開したものを移動したものです…

最近の記事

人気記事

  1. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  2. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  3. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  4. ワイドショーに見るスケープゴートの深層心理学:人の心に潜む影…
  5. 意味のある偶然の一致、シンクロニシティ
  6. 故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの…
  7. 空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香
  8. NHK「100歳から始まる人生」の103歳スウェーデン人ブロ…
  9. 親になって知ったことは、親のありがたみより子のありがたみだっ…
  10. 生きづらい大人をつくる愛という名の過保護:ヘリコプターペアレ…
  1. スウェーデン、ストックホルム

    ノーベル賞晩餐会の予行演習みたいなエリクソン社の豪華パーティー
  2. ケゾえもん

    【コロナ寄稿】コロナは季節性のはずだが・・・(ケゾえもん)
  3. コロナ

    新マスク習慣の功罪:メイク・髭剃り不要、でも人間関係は希薄に?
  4. スウェーデン、ストックホルム

    夏といえばTed Gärdestad、スウェーデンの尾崎豊
  5. ケゾえもん

    【コロナ寄稿】非常事態宣言解除、岡田晴恵の薄ら笑いが許せない:商売をしている人の…
PAGE TOP