ケゾえもん

【コロナ寄稿】コロナは季節性のはずだが・・・(ケゾえもん)

Sponsored Link

以下は、1週間前にケゾえもん氏にご寄稿いただいた内容。

今、頭を悩ませているのは、コロナは本当に季節性かと言うことです。

南半球のオーストラリアの保険担当相が、7月までにコロナ消滅の見込みと言っているらしい。

コロナ季節性説を主張している私には、これはどうにも理解できないできごとなのです。
それで苦労してオーストラリアのインフルエンザの流行のグラフを探したら2007年と2009年のがあって、どちらも6月7月8月あたりに流行のピークがきている。ところが2008年のデーターもあって、この年はほとんどインフルエンザの流行が発生していない。

グラフの出典はこちら

なにかオーストラリア(または南半球)独自の事情があるのかもしれない。

季節性を否定する人の意見でよくあるのが、年中熱いタイでコロナが流行しているじゃないかというのがある。しかし調べるとタイではインフルエンザの流行は年2回有り、雨季(6月から10月)、乾季(11月から2月)に流行が発生しているそうで、こんなにわかりにくい場合はちょっと私も考察できない。

外国の事情は考察しきれないけれど、日本ではコロナは季節性だと言っていいんじゃないかなと思います。信じられるデーターは死者数だけだと再三言ってますよね。
PCR検査陽性者数はPCR検査数が増減に関係してくるし、検査した場所、検査に来る人に偏りが出るのでデーターとして使ってはいけないんです。

6月11日時点の厚生労働省のデーターによる死者数グラフを見てみましょう。

(出典:東洋経済オンライン


なんとなくつけた折れ線グラフは無視してください。全体の傾向を見てください。
4月22日から5月2日あたりをピークとしたひとつの山が見えます。
これがすべてを物語っていると思います。自粛、ひきこもり、クラスターつぶし関係ありません。コロナの勝手でひとつのピークを作り5月に入ってコロナの勝手でつるべ落としの様に流行は終息したのです。

これだけはっきりしているのだから、コロナは季節性だと考えましょうよ。
外国の例がどうだからああだからコロナは季節性じゃないと考えてる場合じゃないですよ。

私はね、想像力豊かな方だから私の人生に軍師をつけているんです。
それで行動規範を決めます。その軍師を<官兵衛>と名付けましょう。

「官兵衛、どうじゃ?コロナは季節性か?」

「はっ死者数グラフを見ても、おそらく間違いないかと。」

「しかし、外国の例を見るといまから冬の南半球で逆に流行が治まりつつあったりして、必ずしも季節性だと断定するには疑問があるぞ。」

「外国は外国、これだけのデーターがありながらコロナは季節性でないと考えて行動することこそ愚かというものでございましょう。」

「そうか!よし出陣じゃ!」

「はっ!」

私はね、6月から11月までは日本でコロナの流行はないと(クラスターは生じるかもですよ。)考えて行動するつもりです。

2020年6月10日、ケゾエモン記

ホクオ
コロナのことは半分忘れて暮らしているので、掲載が遅れてしまいましたが、ケゾえもんの飽くなき探求心には恐れ入ります。
ホクオ
ケゾえもんのガールフレンドはああ言ってたけど、やっぱり、あのケゾえもんイメージキャラクターも気に入ってたんじゃないかなぁ。

【クラシック/コロナ寄稿】クラシック黄金時代の思い出・コロナ・自宅で最高の音を出す方法(ケゾえもん)前のページ

マッチョな児童文学作家がドローン(DJI Mavic Air)で空撮したストックホルム次のページ

関連記事

  1. ケゾえもん

    【オペラ寄稿】メトロポリタンオペラの「魔笛」、J・テイモアの演出がすばらしい(ケゾえもん)

    ライオンキングを手がけた名演出家、J.テイモアのマジックにかかった「…

  2. ケゾえもん

    【コロナ寄稿】死者数グラフからわかること(ケゾえもん)

    ケゾえもん寄稿への読者からの質問ケゾえもんさんの、「死者数を…

  3. コロナ

    スウェーデンの日本人学校で2学期からマスクやフェイスシールド着用義務の通達

    スウェーデン在住のホクオも、ついにマスクの話が人ごとでなくなった。子…

最近の記事

人気記事

  1. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  2. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  3. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  4. ワイドショーに見るスケープゴートの深層心理学:人の心に潜む影…
  5. 意味のある偶然の一致、シンクロニシティ
  6. 故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの…
  7. 空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香
  8. NHK「100歳から始まる人生」の103歳スウェーデン人ブロ…
  9. 親になって知ったことは、親のありがたみより子のありがたみだっ…
  10. 生きづらい大人をつくる愛という名の過保護:ヘリコプターペアレ…
  1. こころ・心理学・ユング

    生きづらい大人をつくる愛という名の過保護:ヘリコプターペアレントの弊害
  2. 人間ウォッチング

    ダーリンはアフリカ人:赤い糸で結ばれていた運命の人
  3. コロナ

    「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウンド・オブ・ミュージッ…
  4. Uncategorized

    ワイドショーに見るスケープゴートの深層心理学:人の心に潜む影
  5. こころ・心理学・ユング

    意味のある苦痛は味わうべきか、避けてもいいのか
PAGE TOP