大相撲に興味なくても必見”溜席の妖精”:外国人も絶賛のスモウプリンセス (Youtubeつき)

Sponsored Link

最終更新日:2021年1月27日
更新日:2021年1月25日、溜席の妖精の最新ニュースを2ページ目に追加!全4,600文字

ケゾえもんとケゾえもんのカノジョが面白い話を教えてくれた。「溜席(たまりせき)の妖精」、みなさんはご存知だろうか。

溜席の妖精

ホクオへ
ガールフレンドが教えてくれたのですが今、SNSで何者?と話題の人を紹介します。ここ数場所、大相撲の溜席の最前列に陣取り、日曜日から日曜日までの15日間全出席で観戦するミステリアスな女性がいるということなのです。

彼女には連れはおらず、背筋をピンと伸ばして中入り前から長時間微動だにせず正座で観戦し、動くのは拍手するときだけ。

毎日違う趣味のよい服装そして違うバッグを持っており完全な分析報告はまだですが少なくとも15個以上の高級バッグを持っていることは確実とうわさされています。

顔はマスクをしているので全貌はわからないのですが、うわさでは大変な美女だと言われています。

今日の彼女の写真を添えて以上ご報告申し上げます。

2021年1月14日付、ケゾえもんよりの私信

溜席(たまりせき)とは

相撲用語「溜席たまりせき」とは、土俵に一番近い席のことで、溜席ではひとりひとり座布団に座って観戦する。(テレビの正面に映り、ちょこちょこ有名人が座っている席がこの溜席。)通称「砂かぶり」。

厳密にいえば「維持員席」と「溜席」とに分かれ、「維持員席」とは、相撲協会に規定の維持費を納めた人や大きな貢献をした人のための席で、15日間通しの維持員券を協会側が用意してくれる、いわゆるVIP席。
溜席には他の席にない、以下の観戦時の注意事項がある。
●飲食禁止
●携帯電話・カメラの使用禁止
●力士が落ちてきてケガをしたら、治療費は自己負担

(参考:こちらのページ)

ハイジ
白鵬がずっと休場続きで、いつものように詳しく見ていなかったので、全く知りませんでした。ここは、昔は、「砂っかぶり」と言って、誰かが亡くならないと席が空かないくらい、決まった人の年間指定座席と叔母に聞いたことがあります。誰なんでしょうね。ちなみに私は外国人力士贔屓で、どん底まで落ちて這い上がっている、照ノ富士を応援しています。
ケゾえもんのカノジョ
最近面白いなと思い始めて大相撲観戦するようになった。わたしも照ノ富士は怪我や病気で長いこと休場して復活したから応援したくなる。

それにしても気になってしょうがないのが「溜席の妖精」。
毎日同じ席(東の花道の二列目、テレビカメラが正面だと左端のちょうど切れて映らないところなんだけど、カメラが少し左に向けられた時に映る)にすっと背筋を伸ばし、きちんと正座して観戦してる。
2時台には現れて、最後まで姿勢を崩さず1人で静かに座ってるの。取組みより彼女に目が行って困る(笑)
私は今場所から気になったんだけど、11月場所からSNSでは話題になっていたみたい。
相撲好きな人が思い描く理想の相撲ファン像を具現化した存在だから「溜席の妖精」みたいよ。「幽霊」説もあるようだけど!

男性相撲ファンの人気の的!

ケゾえもんのカノジョが教えてくれたSNSをちらりと見ると、大相撲を観戦する男性陣にとって一服の清涼剤的存在のようだ。

「溜席の妖精、お洋服もさることながら姿勢も拍手するときの上品さもやばいので何者かだけ教えてほしい。ただものでは絶対ない。」(浮気不足さんツイート2021/1/10)

「溜席東側に座る若い女性、今場所もいらっしゃいますね。凛とした綺麗なお姿で。全日拝見できることを期待します。??? なんで期待するようになっちゃったのだろう。」(温泉同好会露天派さんツイート2021/1/10)

→「溜席の妖精さんが好みのタイプだからじゃないですか? 僕は好みです!」(ドリドラさんツイート2021/1/10)

「溜席の妖精、やっぱり初場所もいる。尊い!」(はんべえさんツイート2021/1/10)

「溜席の妖精、今日もいるね、ヨシ!」(ちみみさんツイート2021/1/10)

がしかし、今日のケゾえもん私信によると、SNSには意地悪なコメントもあるそうだ。

溜り席の妖精について、ガールフレンドと話して盛り上がっていて、時々テレビ画面をいたずらで写真に撮って、ほら今日の服装はどうだ、今日のバッグはどうだったと話の肴にして楽しんでいたのではあるけれど、とんでもないユーチューブを見つけた。これじゃ明らかににやり過ぎで、いじめに近い。(←※ホクオ注、ケゾえもんに異議あり。とんでもないどころか妖精の魅力を好意的に伝えるものだと思うのであとで紹介する。)

そうでなくてもSNSでは「お金もちのお嬢さんに違いない」「この席は400万円もする席だぞ」とかなんとか、いじわるっぽい書き込みがたくさん出てきている。ネットに書き込むことと、私がガールフレンドと話して盛り上がることではレベルが違う。そういうの多くの人がわからないんだよね。こういう時ネット社会の弊害が顔を出す。妖精が森に帰ってしまったらどうするんだ。でもまあ、私もネットで岡田晴恵、玉川徹いじめているけど。

2021/1/23 ケゾえもんよりの私信
ホクオ
文中でも異議を唱えましたが、外国人が公開しているこのYoutube、悪意はまるでなく、溜席の妖精を美しいミステリアスレディとして素直に褒めたたえていると思います!

溜席の妖精/スモウプリンセスYoutube

ケゾえもんに教えてもらった3分弱のミステリアス・レディ動画は2020年11月場所より。

外国人が英語で投稿している動画でコメント欄も英語だが、スモウプリンセスとして視聴者にも絶賛されている。一部訳して紹介する。

「スモウプリンセス、ここにあり!」

「この人の服の数、僕の持ってる靴下の数より多い!」

「10分この姿勢でいるのを想像しただけで拷問だ〜。」

「毎日、違う洋服に違うバッグに違うお買い物袋、そしてつねにスーパーストレートな背中で正座、拍手は手のひらだけ動かす・・・ふーむ、横綱たちの勇姿を除くとこの女性がこのスモウトーナメントの目玉だな。」

「ちょっと信じがたいほどにまっすぐなこの背中! ”姿勢プリンセス”って呼んでる人もいるらしい。」

「この人に目が釘付けになってたの、僕だけじゃなかったみたいで嬉しい!」

「毎日、長時間この姿勢でいるなんて、並みの精神力とは思えないね。」

「非現実的なまでの高貴さ! 日本帝国のプリンセスの鏡!」

「なにもしなくても優雅さがにじみ出ている。」

「この人がこの動画を見て、どう反応するか知りたい。そしてNHKにもこれを見つけてもらって、この人について報道してほしい!」

「初日にこの人を見た瞬間に、日本のアニメの主人公を連想した。」

疲れたのでこのへんでやめるが英語コメントはまだまだたくさんあって、すべて好意的なものだった。

やじうま妖精分析

外国人が、不自然なまでにスーパーストレート!と描写する妖精の背中について、ハイジが鋭い分析をしてくれた。

ハイジ
前から思っていましたが、折り畳み正座椅子使ってられるのでは?
動画の2の座る角度でそれを感じます。それで足の痺れもなく、背筋がピンとするのでは?
参考イメージ

わかりやすい有名ブランドのバッグはともかく、妖精の衣装はファッションに目が利く女子たちにも識別しがたいものらしい。

ハイジ
ドレスも独特ですよね。大相撲に合わないというか、合うというか。。。。
ケゾえもんのカノジョ
柔らかい素材のワンピースとコーディネートしたカラーのバッグがとってもお似合いで素敵!ああいう長袖のワンピースってありそうでないのだけど、どこのブランドなんだろう?
ホクオ
お誂え、オーダーメイドってやつでしょうか!?

妖精の顔立ちからホクオが連想したのは、若乃花と結婚した当時の初々しい美恵子嬢。もっとも当時の美恵子さんは「背筋ぴしっ」よりむしろ少し気を抜いただらんとした感じで、表情は「お口ぽかん」と揶揄されていたが、マスクで隠された妖精のお口はどんな感じなのだろう。妖精の正体が明かされる日はくるのか!?

2021/1/25追記:ハイジさんが見つけてくれた妖精へのインタビュー記事を次のページで紹介

 

1

2>


【コロナ寄稿】ワクチン有効率について数式を使わずもう一度解説する(ケゾえもん)前のページ

大相撲観戦はただのスポーツ観戦ではなさそうだ(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. コロナ

    【コロナ寄稿】変異ウィルスは怖いぞキャンペーンが大げさすぎる理由(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクター「変異ウイルスが怖いのは数%」…

  2. コロナ

    【コロナ寄稿】1年前にパリに行っておいてよかった(ケゾえもん)

    「またまたコロナを振り返る。」ケゾえもんイメージキャラクター…

  3. コロナ

    【コロナ寄稿】コロナはこわくない:高橋泰教授の感染モデルに賛同する(ケゾえもん)

    2020年7月17日付東洋経済オンラインの記事、「新型コロナ、日本で…

  4. コロナ

    【コロナ寄稿】日本が医療崩壊のわけがない(ケゾえもん)

    最初は「死者がたくさん出るから大変だ」ということだったが、死者数が思…

  5. コロナ

    【コロナ寄稿】ワクチン摂取、副反応をもれなく体験した看護師の詳細レポート(ケゾえもん)

    コロナワクチン摂取をお考えの方は必見。ワクチンを摂取するとどんなこと…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. コロナ

    【続コロナ寄稿】7.コロナは事実上終わっている/ワクチンに不都合な集団免疫(ケゾ…
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】NHKのコロナニュース(10/16)に頭にきたから緊急に書く(ケゾ…
  3. コロナ

    スウェーデンのコロナ対策は失敗だというニューヨークタイムズに、スウェーデン人ジャ…
  4. マスク

    豊かな国スイスのコロナ事情
  5. 文化、音楽、本

    ニルスのふしぎな旅
PAGE TOP