スウェーデンブランド:ペダルのない電動自転車Vassla新発売

Sponsored Link

スウェーデンブランドで、最近発売されたばかりの電気自転車が我が家にやってきた。

これ。https://www.vassla.com/se

The first bike without pedals.
The first bike without greasy chains.
The first bike without sweat.

「チェーン不要、ペダル不要、汗不要」がキャッチフレーズで、自転車とスクーターとモペッド(ペダルつきオートバイ)を足して3で割っていいとこどりした乗り物だという。車に乗せて運べるぐらいのコンパクトさ。

【スペック】
●モーター:250W
●最高速度:20 km/h
●バッテリー満タンで進める距離:40km
●バッテリーの種類:サムソン社の21700 celler
●バッテリー重量:3.5 kg(サドルの下に入っていて、取り外して充電可能。)
●総重量:21.5 kg(バッテリー以外)

【価格】
19500 SEK(約25万円)※ウチは、発売前価格の5万円引きで購入。

ホクオ、まだ乗りこなせず

写真では小さく見えるが、ホクオの身長(156cm)では停止時に片足のつまさきしか地面につかないので怖い。
操縦法はいたって簡単で、右ハンドルを前に回すとアクセルがかかって進むという単純な構造なのだが、それも慣れないと、停止しようとするときに限ってアクセルを回して暴走しかけたりする。

ホクオより背の低い息子は、一発で乗れた(私有地内で。年齢制限15歳以上。)が、ホクオは神経をすり減らしながら1時間練習しても乗れるようにならなかった。
乗れないのは運動神経のないホクオだけだと思うが、同居人には「ママチャリ専門の日本人は、基本的に自転車乗りの身体感覚がないのだろう」とかわいそうがられた。


【コロナ寄稿】1年前にパリに行っておいてよかった(ケゾえもん)前のページ

【コロナ寄稿】人々が思考停止しゾンビ化した今、株を買うチャンス!(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    2011年ノーベル文学賞はスウェーデン人詩人が受賞!

    2011年のノーベル文学賞を受賞したのは、スウェーデン人の詩人、トーマ…

  2. コロナ

    スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、こんな子ども時代アリ?

    2020年7月22日更新:全3ページの長編コラム。(写真が多い350…

  3. コロナ

    【ケゾえもんコロナ寄稿+スウェーデン】自粛で奪われる飲食店の収入と若者の青春

    (2021/4/5加筆)ケゾえもん寄稿に、日本で自粛命令に立ち上がっ…

  4. スウェーデン、ストックホルム

    手ざわり抜群、スウェーデンBukowskiのぬいぐるみ

    「スイスで、プレゼント用のマスコットを買ったら、メードインスウェーデン…

  5. スウェーデンの生活

    スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげたいやきくん他

    (2020年10月21日加筆更新)たこ焼きパーティー、わんこ、台湾ス…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  2. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  3. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  4. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  5. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  6. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  7. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  8. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  9. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  10. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  1. スウェーデン、ストックホルム

    ストックホルムの12月:2020コロナのノーベル週間終わる
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】聞いてあきれた5月29日記者会見:コロナ専門家委員会の隠蔽体質の証…
  3. ケゾえもん

    【クラシック/コロナ寄稿】クラシック黄金時代の思い出・コロナ・自宅で最高の音を出…
  4. コロナ

    スウェーデンでワクチンによる死者数16人+ケゾえもんコロナワクチン寄稿
  5. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデン葬儀事情、納骨編:ドイツ人の義母はスウェーデンで永遠の眠りについた
PAGE TOP