【コロナ寄稿】岩田教授は弁舌さわやかに橋下徹を論破したけれど・・・(ケゾえもん)

Sponsored Link

ケゾえもんイメージキャラクター
ケゾえもん
まわりを見渡してみると、70歳台でいくらはちきれそうに元気でも、多くは80歳になったらころりと死んでいるでしょう。人間とはそういうものなんです。私は死に関してはそれほど感傷を持っていません。だいたい人間毎日寝て意識不明になるじゃないですか。毎日死ぬシュミレーションをしているようなものですよ。死ぬって言っても、それが永遠にベッドから起きて来ないというだけです。

私は若者たちが気の毒でしょうがありません。自分たちが死ぬわけでもないのにがまんを強いられ、コロナ蔓延の責任をおっかぶらされ、そして経済的に苦しいことになっているんですからね。

70歳、80歳、そして数少ない90歳の人を守るために若者たちの人生に多くの制限を設け、自殺者まで出すというのははたして正しいことなのでしょうか?

「私が神に召される日」

(文=ケゾえもん 2021/5/27)
岩田健太郎と言う人がいる。神戸大学教授、感染症専門内科医らしい。この人たいした人であの橋下徹と論戦して一歩も引かずネットでは「橋本論破される」と評判をとっている。
なにしろ橋本の話を受けて「それは間違っています」「誤解が2点あります」から話を始めて破綻なく弁舌さわやかに説明をしてのけてしまう。

ユーチューブでもいろいろなところに登場しており、とても全部は見れないし、長い期間にわたって登場しているので、見るユーチューブで微妙に意見が違っていることもある。(それは別に悪いことではない)わたしが見た中では以下の様なことを言っていた。

  • コロナは最近人類の前に登場したエイズ、C型肝炎、SARSなどと比べても突出してひどいウイルスであり、先ずその共通認識を持つことがなにより大事だ。よくしろうとがたいしたことのないウイルスだと言うのは間違っている。
  • コロナ対策をした結果、風邪、ノロウイルス、インフルエンザなどはチャラになっている。しかしコロナはこれだけの犠牲を払って対策をしたのに猛威をふるっている。
  • コロナは呼吸器を攻撃する。他の臓器は元気だ。したがって重症化すると治療が長引き(なかなか死なない)ICUなどがひっ迫する原因となる。
  • ロックダウンはあまり効かないと言うが、ロックダウンが効くということは数々の学術論文があり、数々のエビデンスが示している。
  • コロナが世に現れてから世界で240万人が死んだ。これはどれだけコロナが恐ろしいかを示している。

以上の様なところがたくさんあるユーチューブの中で私の興味をひいたところかな。興味をひいたので、それについてちょっと話したいと思う。別に論破などを目指すつもりはない。上記の岩田意見に関連して私の意見を述べてみたい。

コロナが怖い病気かどうかだが、日本に限れば80歳、70歳の人にとってはある程度怖い病気であり、それ以外の人にとってはまったく怖くない病気だというのが私の基本認識だ。今調べた資料によれば(資料により多少違う)日本のコロナ死者の51%が80歳台の人、29%が70歳台の人、その他は従って20%だ。日本のコロナ累計の死者は12000人。その20%は2400人だ。つまり70歳以下は2400人しか2年間で死んでいない。これについて論評すると非難を受ける恐れがあるので今はしない。(さらに言うと世界240万人の20%は48万人)

確かに、これは強烈な痛みを伴う対策をした結果である。しかし、その結果まちがいなく半端ない数の死者(自殺者)が出ている。最近、それを世論は考えなくなったが、それは絶対考えなくてはだめだ。必ずそのことについては思いをめぐらして欲しい。

前にも何回か言ったが、私はコロナ騒ぎが巻き起こってから去年の2月末から3月はじめにかけてフランスに観光旅行に行ってきた。別に暴挙ではない。なにも考えなしで行ったのではなく、かなり恐ろしいことがヨーロッパで巻き起こっている(特にイタリア、つまりフランスのとなり)と報道されてはいたが、私は超過死亡を確認してから行ったのだ。つまり2020年2月のヨーロッパの死亡者数が2019年の死亡者数より突出して増えるような傾向があるのかないのか確認したのだ。その結果は統計に出るような兆候はまったくなかった。それでコロナは恐ろしいというのはガセと判断して行ってきたのだ。

後知恵で考えるとコロナは80歳以上を集中的に殺す。そして人間は80歳にもなるとなんらかの原因で死ぬものなのだ。私だって覚悟している。私は80歳になった翌日に神様が命を取りにきても(たとえそれがコロナでも)いっさい異を唱えるつもりはない覚悟でいる。まわりを見渡してごらん、70歳台でいくらはちきれそうに元気でも、多くは80歳になったらころりと死んでいる。人間とはそういうものだ。私は死に関してはそんなに多くの感傷を持っていない。だいたい人間毎日寝て意識不明になるではないか。毎日死ぬシュミレーションをしているようなものだ。死ぬとは言ってもそれが永遠にベッドから起きて来ないというだけだ。

ちょっと熱く語って脱線してしまった。恐らくコロナ死が超過死亡の統計に出てきづらいのは、

1.コロナは80歳台以上を殺す。
2.80歳というのは多くの人が死ぬ年齢だ。

と言う理由だろう。それ以上言うと私は非難を受けるので、それ以上は言わない。

しかし、どうだろう?70歳、80歳、そして数少ない90歳の人を守るために若者たちの人生に多くの制限を設け、自殺者まで出すというのははたして正しいことか?

私は若者たちが気の毒でしょうがない。自分たちが死ぬわけでないのにがまんを強いられ、コロナ蔓延の責任をおっかぶらされ、そして経済的に苦しいことになっている。コロナ期間中にお金を使わなかったおかげでじじばばはお金がいまや余っているというのにだ。

(ケゾえもん 2021/5/27 記)

※冒頭のアイキャッチ画像の出典はこちら

【芸術寄稿】グーグルアートで至福の名画鑑賞(ケゾえもん)前のページ

【コロナ寄稿】伊勢丹の営業時間はロックダウンが”ごっこ”の証(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. コロナ

    【コロナ寄稿】横文字好き小池都知事の”東京アラート”:西浦教授に堪忍袋の緒が…

    (最終更新日:2020年6月5日、2,000文字)東京アラート発令ニ…

  2. コロナ

    2021年5月コロナNow!:マスクなしで賑わうスウェーデンの飲食店

    ヨーロッパの周辺諸国できびしいロックダウンが行われている中、スウェー…

  3. コロナ

    ついに”マスク推奨”が始まったストックホルムのコロナレポート

    白いストックホルムのコロナレポート、1,000文字。…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. コロナ

    【コロナ寄稿】脅され続けた丸1年の振り返り(ケゾえもん)
  2. スウェーデン、ストックホルム

    ちっとも短くない北欧の夏:意外な事実
  3. ノルウェー

    ノルウェーで最大の草ぶき屋根のある宿
  4. コロナ

    夏休み全開のスウェーデン with コロナ:英国誌の記事「最後に笑うのはスウェー…
  5. 人間ウォッチング

    Wd-laboのOtsuka氏
PAGE TOP