ケニアのマイケル

Michael from Kenya
スウェーデン語の語学学校での授業中のこと。
「10年後の自分はどうなっていると思いますか? たとえばどんな家族をもっているでしょうか。グループで話し合ってください。」
という時間がありました。

わたしのグループにいた写真のマイケル、25歳の独身者。

「奥さんふたりで、それぞれに子供が二人づつ。子供は全部で四人だな。」

と言います。
冗談かと思ったら、まじめなのです。

「君は夫がひとりだけ? なんで? もうひとりどう?」と。

マイケルのお父さんは、三人の妻を持ち、それぞれに子供がひとりづついるそうです。

自分の母親が45歳、腹違いの弟は15歳でその母が40歳、さらに腹違いの妹10歳がいて、その母が35歳。

お父さんが、いちばん若い妻の家に3泊、次に若い妻の家に2泊、自分の母の家に1泊すると聞いて、なんとわかりやすい!とわたしは感動します。

「家族がたくさんいて楽しいよ。なんの問題もなし!」
というので、「奥さん同士も仲いいの?」と興味本位で聞くと、「ううん!悪い。」と、明るくカラカラ笑って答えます。

もうひとりケニアからの女性がグループにいたので、わたしは聞きました。

「じゃあ、あなたのお父さんには奥さんが何人?」

「ひとりだけ。」

なんだかほっとしつつも、「どうして?」と聞くと

「貧乏だったから。」

それが当然の理由だと言わんばかりで、聞いていたマイケルも、うんうんとうなずきながら、「ぼくの父さんは、会社を経営していて、お金があるんだ。」と。

「一夫多妻制」ということばは知っていても、実際にその文化にこうして触れるというのは、また違う感覚で、自分の知っている「ふつう」が、いかにいい加減なものかを考えさせられた時間でした。

5月のスウェーデン、もう夏休み気分前のページ

スウェーデンの夏休み事情次のページ

関連記事

  1. Uncategorized

    秋の夜空

    日本でも、空気の澄んでいる秋は、夜空が美しい季節ですが、北欧では、…

  2. Uncategorized

    秋の収穫市

    秋晴れの気持ちのよい土曜日、近くの農業高校、Oknaskolanの…

  3. Uncategorized

    もうすぐクリスマス

    クリスマスの1週間前。近所のお宅に、クリスマスのオーナメントを…

  4. Uncategorized

    白くないクリスマス

    スウェーデンに来て、二度目のクリスマスでした。一度目の昨年は、12…

  5. Uncategorized

    キノコの季節

    今年もキノコの季節がやってきました。毎年、野生のブルーベリーと入れ…

  6. Uncategorized

    こどもの時間感覚

    息子は4歳になって、やっと「あした」がわかるようになりました。3歳…

follow us in feedly

最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. スウェーデン、ストックホルム

    【ハイジの文学寄稿】心の闇やパニック発作を扱った北欧ミステリー作家、アルヴテーゲ…
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】戦争映画とコロナヒステリーのアナロジー(ケゾえもん)
  3. 文化、音楽、本

    Stieg Larsson
  4. コロナ

    【コロナ寄稿】死亡者数もいいけど重症患者数も指標に使える/みんなが洗脳されてるわ…
  5. コロナ

    【コロナ寄稿】ワクチン有効率について数式を使わずもう一度解説する(ケゾえもん)
PAGE TOP