スウェーデン、ストックホルム

スウェーデン葬儀事情、納骨編:ドイツ人の義母はスウェーデンで永遠の眠りについた

Sponsored Link

義母の葬儀については以前にこちらのページで書いたが、今日は納骨の記録。(2,200文字)

2020年4月4日に老衰で亡くなった義母の葬儀は4月30日で、納骨は6月18日だった。すべてがゆっくり余裕をもって進められていく。

納骨は、あらかじめ掘られて準備されている墓穴に遺骨の入った壺を誰の立会いもなく遺族だけで納める、ただそれだけの儀式で平服でよかった。

以下、所要時間1時間足らずの納骨の詳細を書いたが、書いている途中で教えてもらったフランスの納骨事情、「自宅の庭で、愛犬といっしょに。」というのにはびっくりした。

葬儀後から納骨日まで

葬儀の日まで病院の冷凍室に安置されて、葬儀の日に教会まで棺で運ばれた遺体は、葬儀後、同じ霊柩車に火葬場まで運ばれて後日火葬される。遺族の立会いはなく、いつ火葬されたのかもわからない。遺灰も、納骨日まで火葬場で保管されていて、当日まで骨壺を見ることもなかったし、最後まで壺の中の遺灰を見ることもなかった。

納骨は、通常葬儀から1ヶ月以内に行われるものだが、コロナの影響で遅れた。日本の四十九日のように、目安となる期間もとくにないようで、葬儀の日取りが適当に決められたように、納骨日も教会とこちらの都合で適当に決められた。

スイスのハイジ
スウェーデンは、葬儀と納骨日が違って、日本みたいですね。スイスはその日だったし、オーストリアも同じくその日です。火葬の場合は、墓地にあるコンクリートの壁に囲まれた納骨の場所に納めるだけですよ。

骨壺は教会の中に安置されていた

約束の時間に教会に行くと、係の人が、骨壺まで案内だけしてくれて去って行った。下の写真、白いのが骨壺。金のプレートに故人の名前が刻印されている。

骨壺を抱えて墓穴に移動して納骨する

教会の中、遺族だけでしばらく骨壺の前に座り、心の準備が整ったところで骨壺を抱えて墓穴に向かう。係の人からはなんの指示もなく、すべてが遺族のペースで進む。

下の写真、赤い矢印の先が、義母のスペース。見晴らしのよい木陰の特等席。義母は、何年も前に知人とここに散歩に来たとき、この辺りが(埋葬されるのに)いいなと言っていたそうだ。

下の写真は、芝生の中の、蓋のかぶせてある墓穴。

蓋を開けると、穴の底にも同じ木(スウェーデン語でThujaというヒノキ科の針葉樹)の小枝が敷き詰められていた。紐のついた骨壺をぶらさげて穴の中に納める。同居人は「お母さん、小さくて軽くなったな。」とつぶやいていた。

骨壺を納めたあとまた蓋をして、あとは係の人にお礼を言って帰るだけ。

これもなんの決まりもないが、わたしたちは家の庭に咲いていた花を摘んで供えた。

義母の墓穴から見た村の小さな教会。義母は熱心なクリスチャンだった。

スウェーデンは自宅の庭に納骨できないが、フランスはできる。

 


この教会の近くにあるわたしたちが森の家と呼んでいる家は、同居人が生まれた50数年前に義母がドイツの親の遺産で買ったもので、義母はこの家をこよなく愛していた。一切手入れもしないで放置しているだけなのに、庭には毎年大輪の花が綺麗に咲く。ストックホルムに住んでいた義母は物欲は皆無でどんなプレゼントも喜ばない人だったが、わたしたちがこの庭からストックホルムに持ち帰って届けた花や果物には、いつも目を輝かせて大喜びしていた。

スイスのハイジ
森の家の庭には、納骨できないのですか?

フランスにいる友人は、ご主人の遺骨を、近くの山に自分で撒いた残りを、自分の庭の愛犬を埋めた隣に埋葬し、ただ出身地のスイスの州の旗を立てているだけです。 まるで、私が子供の頃、飼っていた小動物のお墓を庭に作ったみたいに。

フランスの古城に住む別の知人も、ご主人の遺骨を庭に埋葬し、自分が作った彫刻を置いていました。

義母も、死後、この庭に埋めてもらうのを望んだこともあるそうだが、スウェーデンではそれは違法で、唯一の抜け道は、新しく自分の宗教を興すことだそうだ。

ドイツ人の義母はスウェーデンで永遠の眠りについた

95歳の大往生だった義母は、心臓発作で救急車で病院に運ばれたことのある20年前ぐらいから時々遺書めいたメモを書き残していた。最初の何通かは、自分が死んだら、故郷のドイツに埋めてほしいと書いてあったそうだ。終戦後、ひとりでスウェーデンに移り住んだのは30代の頃だから、移住後40年経っても、そんな風に思っていたということになる。

80歳を過ぎてから、どういう心境の変化があったのか義母はその箇所を大きなXで消して、「どこでもいい。あなたに任せます。」と遺志を変えた。生涯、結婚することも新しいパートナーを持つこともなく、シングルマザーとして子ひとりのためだけに生きた人だった。


スイスのハイジ
私たちは、どんな最期をどこで迎えるのでしょうね。

■関連ページ
スウェーデン、義母の葬儀日誌━コロナの中で
墓じまい、父の終活


【コロナ寄稿】ワイドショー岡田晴恵、「心が折れそう」発言のナルシシストぶり(ケゾえもん)前のページ

新マスク習慣の功罪:メイク・髭剃り不要、でも人間関係は希薄に?次のページ

関連記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンの1コマ漫画「金曜日の顔と水曜日の顔」

     ストックホルムのタブロイド誌Metroより。上、金曜日の顔、…

  2. スウェーデン、ストックホルム

    マッチョな児童文学作家がドローン(DJI Mavic Air)で空撮したストックホルム

    ドローンで空撮したストックホルムの街並み。各1分〜1分30秒の短い動…

  3. スウェーデン、ストックホルム

    夏といえばTed Gärdestad、スウェーデンの尾崎豊

    このコラムは2016年6月に別サイトで公開したものを移動したものです…

  4. コロナ

    スウェーデン・オンライン病院事情

    ストックホルムシルバー会、2020年5月2日のメルマガ「コロ…

  5. コロナ

    スウェーデン、義母の葬儀日誌 ━ コロナの中で

    スウェーデンで義母の葬儀を経験した。コロナでロックダウン中の…

最近の記事

人気記事

  1. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  2. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  3. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  4. ワイドショーに見るスケープゴートの深層心理学:人の心に潜む影…
  5. 意味のある偶然の一致、シンクロニシティ
  6. 故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの…
  7. 空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香
  8. NHK「100歳から始まる人生」の103歳スウェーデン人ブロ…
  9. 親になって知ったことは、親のありがたみより子のありがたみだっ…
  10. 生きづらい大人をつくる愛という名の過保護:ヘリコプターペアレ…
  1. コロナ

    「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウンド・オブ・ミュージッ…
  2. Uncategorized

    意味のある偶然の一致、シンクロニシティ
  3. 人間ウォッチング

    ダーリンはアフリカ人:赤い糸で結ばれていた運命の人
  4. ケゾえもん

    【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエンスでございますから」…
  5. こころ・心理学・ユング

    生きづらい大人をつくる愛という名の過保護:ヘリコプターペアレントの弊害
PAGE TOP