コロナ

新マスク習慣の功罪:メイク・髭剃り不要、でも人間関係は希薄に?

Sponsored Link

先日の日本のマスク事情を想像しながら書いたページに読者から届いたコメントを中心に、「蒸れんマスク」の紹介、おやじのマスクファッションショー第2弾の3部構成。(3,600文字)

(先日のページを大きく飾った知人のマスク姿。写真をクリックすると該当記事に飛ぶ。)

マスク着用新習慣のメリット

マスクしないといけない日本への帰国は当分、見合わせたいと言ったホクオだが、このマスクが日本ではそれほど不評でもないらしい。

Y美
日本ではだんだんもとに生活が戻りつつあるよ。マスクは、みんなしてるけど、このマスク、一度習慣にするともう手放せない。ノーメークオーケーだし、口臭も気にしなくていいし、誰にどこで会っても安心だわー。日焼けからも守ってくれるし。そんなわけで、私はどこに行くのもマスク姿です!!
A男
無精ヒゲもそらなくていい。
B子
公の場で顔ヨガだってできちゃう。
日本のC男
目だけ出してるせいか、めっちゃ若く見られた。
T美
二重顎も隠せる♪
ホクオ
ふむふむ、なるほど。

マスク着用習慣が加速化させる人間関係の希薄化

一方、マスク着用文化は人間関係の希薄化を加速させるという意見もある。

スイスのハイジ
コロナと関係なく以前からお話ししたかったことですが、日本人は「花粉症」と言う理由を使って、マスクを他の人と距離を置くのに使っていると、いつも思っていました。
つじむつし
コロナ前から、東京では「喋らない」化が劇的に進んどるよ。

世の中の酷いニュースに怯えて、言葉で関わりを持つのを避けとる。「あいすいません」って気遣う気風は、もう東京には無い。狂うとる
。

そもそも挨拶(声かけ)って、お互いの警戒心を解くために、または気づきを促すための親切じゃったのに。喋らんことで安全安心を確保しようと妄信しとるのが、ここ20年の関東都市圏の大衆よ。わいはこの現象を過剰警戒からそうなっとると思うんよ。

不動A
登山でも山歩いてて人とすれ違った時には、敵ではない事を表明するためにもマナーとして必ず挨拶をするけど、そんなことも失われてしまうのか。

つじむつし
買い物してても電車に乗っても、後ろからヌーッと現れて、人の体に当たって無言で去る。ちょっとすみません、ごめんなさい、とか、手刀きるとか誰もやらん。コロナの騒動が収まったらもうこの状態が戻っとるもんなー。 

かっちん
仕事でも、フェイスシールドつけろとか、
子どもたちには触れない、
指導するのは前後にたたない、
子供のものには触らない、
と会社からのガイドライン。みんな無菌室にいるわけじゃないじゃけん、無理やろう〜。子どもたちの安全のために
できることは、やらなきゃと
切り替えてはみるものの
ため息でちゃう。
つじむつし
かっちんのストレスは、わかるで。無茶じゃな。触れ合うことを知らん子は、どんな人に育つか?人がみなコミ障(コミュニケーション障害)になっていくんじゃない? 

ホクオ
ふむふむ、なるほど。

しのぎを削るマスク業界で注目される「蒸れんマスク」

 


マスク着用新習慣についていろいろな角度からその功罪を議論することができるようだが、どうせ着用しなければいけないなら、少しでも快適な方がよい。コロナの最中でも誰もマスクをしていなかったスウェーデン在住のホクオには不要な情報ながら、ネーミングが気に入って紹介したくなったのはMuren Mask(蒸れんマスク)。

日本のダジャレ商品名をどこかに集めたメモがあるはずなのを思い出したが、「蒸れん」は、岡山弁みてぇじゃなぁとおもうたら、岡山の会社が販売しとった。

先日のマスクページで紹介した冷やしマスクの自動販売機も倉敷市児島にあったので、ホクオの故郷にはマスク開発をがんばっている会社がいろいろあるようだ。

紹介してくれたのも故郷の友人。

しまさん
毎日ネットでマスクを探してる、知り合いの”マスクマニア”さんの一押しマスク。息が下から抜けて涼しい❗️ 蒸れなくて凄く良いよ👌✨
ホクオ
アベノマスクも、どうせならこういうのにしてもらいたいですね。 

こんな何の変哲もないアベノ給食当番マスクが、いまさら届いているとか。

倉敷在住Sun
税金無駄遣いアベノマスクが、最近届きました。もう、マスクどこでも買えます……💦

あれから3年、愉快なあの親子は今・・・

マジック忍者
マスクマスクってよーわからんし。(^_^;) 会社でも常にマスク付けてってバカじゃね?って。(-_-#) 事務職じゃねーのに暑い中マスク付けて仕事できるかっつーの!マスクじゃ息が上がるのでフェイスシールドになりました。
マジック忍者の妻
ホクオにリクエストされて、嫌がってたみたいですけど、撮ってくれ〜となかなかの乗り気で・・・。😂

先日、木村氏から洗礼を受けてだいぶ驚かなくなってきた。慣れって恐ろしい。
ところで、これ、だーれだ?

3年ぶりに再登場してもらったトシオ親子。

トシオの妻、ひろえ
頭、光ってる!😂😂😂
ホクオ
高校生になったムスメは、もう父ちゃんにつきあってくれなかったのかな。息子がつきあってくれるのも時間の問題か、はたまた息子はこのまま、こんな父ちゃんになっていくのか。

(3年前のトシオ親子)


スウェーデン葬儀事情、納骨編:ドイツ人の義母はスウェーデンで永遠の眠りについた前のページ

【コロナ寄稿】”PCR検査で感染者と否感染者を分けて経済を回す”は机上の空論/パルスオキシメーター(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. ケゾえもん

    【コロナ寄稿】PCR検査陽性者数は感染者数ではない(ケゾえもん)

    ケゾえもんが、再三再四に渡りPCR検査陽性者数の意味を根気強く解…

  2. コロナ

    マスクの世界的大流行、正気の沙汰とは思えない異常な光景

    (5月18日に公開した記事を6月8日に加筆修正。)ほ…

  3. ケゾえもん

    【コロナ寄稿】東京アラート、赤い都庁を恐れるべからず:木を見ず森を見よ(ケゾえもん)

    東京アラートが発令されても「みなさん、安心してください!」とケゾえも…

最近の記事

人気記事

  1. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  2. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  3. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  4. ワイドショーに見るスケープゴートの深層心理学:人の心に潜む影…
  5. 意味のある偶然の一致、シンクロニシティ
  6. 故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの…
  7. 空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香
  8. NHK「100歳から始まる人生」の103歳スウェーデン人ブロ…
  9. 親になって知ったことは、親のありがたみより子のありがたみだっ…
  10. 生きづらい大人をつくる愛という名の過保護:ヘリコプターペアレ…
  1. ケゾえもん

    【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエンスでございますから」…
  2. こころ・心理学・ユング

    空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香
  3. Uncategorized

    意味のある偶然の一致、シンクロニシティ
  4. こころ・心理学・ユング

    生きづらい大人をつくる愛という名の過保護:ヘリコプターペアレントの弊害
  5. こころ・心理学・ユング

    親になって知ったことは、親のありがたみより子のありがたみだった
PAGE TOP