コロナ

再ロックダウンのカリフォルニア、コロナ風刺画で学ぶアメリカ:トランプ政権のベッツィ・デヴォスは億万長者の娘で大富豪

Sponsored Link

コロナを通じて、今まで知らなかったアメリカの文化や政治に触れている。ドクターファウチにドクターエリクソン、そして今回はトランプ政権のベッツィ・デヴォス。(1600文字)

再ロックダウンのカリフォルニア

ニュースを見ていないので他の地域の詳細は知らないが、カリフォルニアの知人から聞いたところによると、カリフォルニアやフロリダはコロナ感染者数が多いということで、再ロックダウンの状態にあるらしい。(2020年8月8日現在)
3月半ばからのロックダウンが、7月にいったん解除されたのにわずか2週間後に再びロックダウンされたとのこと。

知人の住んでいる学校区では、夏休みが終わっても子供たちは登校しないで、クリスマス休暇までオンライン授業になることがつい最近決まったそうだ。つまり登校できるのは、早くて年末年始休暇のあとの2021年1月以降ということで、子供たちが最低でも10ヶ月もの間、学校に行かないことになる。

コロナの風刺画

ちょうどこの話題に関連して、ワシントン在住の別の知人からこんな画像が届いた。

古い道徳の教本風に見せかけたコロナ風刺画。”著者”のベッツィ・デヴォス(Betsy DeVos)は、現アメリカの教育長官。アメリカの著名人で、知人から画像とともにウィキペディアのURLもいっしょに送られてきたので開いてみたところ、「大富豪」という肩書きにホクオのミーハー精神が反応したので紹介する。

トランプ政権のベッツィ・デヴォスの肩書きは「大富豪」!

Betsy DeVos (1958年生まれ現在62歳)

ベッツィ・デヴォスは、アメリカ合衆国の政治家・大富豪・実業家・慈善活動家・教育活動家であり、11代目アメリカ合衆国教育長官を務める。

ドイツ系で実業家の億万長者の娘としてアメリカのミシガン州ホランドで成長し、1980年代にディック・デヴォスと結婚。ディックはアムウェイ創業家の御曹司で、デヴォス一家はミシガン州で最も富裕な家族であった。

以前、トランプ大統領の豪華絢爛ギラギラの邸宅が公開されていたが、こういうギラギラ感あふれる政治家は、スウェーデンにはいない。

トランプの指名により、アメリの教育長官に就任した経緯も興味深く、富裕層であるベッツィ・デヴォスが公立学校とは無縁のため、アメリカ民主党から
●低所得層に不利な形での学校民営化を支持している。
●基本的な教育法や教育問題を理解していない。
●本人の投資活動との間で利益相反が生じる恐れ。
などが指摘され、反対意見も多かったにもかかわらず、マイク・ペンス副大統領の議長決裁票で辛うじて承認されたそうで、閣僚の指名に副大統領の議長採決票が使われたのは史上初めてだという。

ウィキペディアの内容より

昨日のケゾえもん寄稿で、ドクターファウチの製薬会社との癒着がほのめかされていたが、富や権力のにおいがプンプン撒き散らされる感じには興味をそそられる。

コロナ風刺画の解説

ベッツィ・デヴォスについて学んだところで、やっと、送ってもらったこの風刺画を味わえる準備ができた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
You picked up covid 19 at school.
あなたが学校に行って、コロナウィルスをもらう。

You took it home to mom and dad.
そして、それを家に、パパとママに持ち帰る。

So Now You’re an Orphan
で、あなたは孤児になる

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

だから、学校に行けなくても仕方ないという三段論法かと思ったらそうではなくて、トランプやベッツィ・デヴォスの属する共和党は、学校閉鎖には反対なのだそうだ。トランプが学校を再開するよう圧力をかけているにも関わらず、学校閉鎖が続いており、ベッツィ・デヴォスが教育長官という立場であるところが、この風刺画の「面白さ」ということらしい。

コロナを通じて、今まで知らなかったアメリカ政治についても勉強になっている。


【音楽鑑賞寄稿】音に超うるさい人のためのオーディオ講座(ケゾえもん)前のページ

【クラシック寄稿】ウィンフィルのスーパースターが私のオーディオを絶賛した (ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. コロナ

    【コロナ寄稿】コロナはこわくない:高橋泰教授の感染モデルに賛同する(ケゾえもん)

    2020年7月17日付東洋経済オンラインの記事、「新型コロナ、日本で…

  2. コロナ

    6月21日付中日新聞一面記事「スウェーデン、集団免疫獲得は遠く」への反論

    この記事は書きかけです。日本から2020年6月21日付の中日…

  3. コロナ

    【コロナ寄稿】責任逃れするつもりのコロナ専門委員会と生贄のヤギになりそうな岡田晴恵(ケゾえもん)

    ケゾえもん寄稿。東京アラートの発令基準の無意味さを懲りずに説く第1章…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  2. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  3. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  4. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  5. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  6. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  7. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  8. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  9. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  10. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  1. 生活

    男性必見!目の保養の季節のショートすぎるショートパンツ
  2. こころ・心理学・ユング

    空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香
  3. コロナ

    「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウンド・オブ・ミュージッ…
  4. 人間ウォッチング

    故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの日あの頃
  5. こころ・心理学・ユング

    生きづらい大人をつくる愛という名の過保護:ヘリコプターペアレントの弊害
PAGE TOP