文化、音楽、本

  1. 女運はなかったノーベル賞のノーベル

    アルフレッド・ノーベル(Alfred Bernhard Nobel, 1833年10月21日 - 1896年12月10日)は、ダイナマイトの発明で知られるスウ…

  2. 「フィンランドの教育はなぜ世界一なのか」

    紹介してもらった本の紹介。スウェーデンとフィンランドは、言語はまったく違うが文化はそっくりだ。しかし、教育システムは違う点も多く、スウェーデンで親をやってい…

  3. 2017年ノーベル文学賞受賞の日系イギリス人、カズオ・イシグロと日本

    日系イギリス人のカズオ・イシグロ(Kazuo Ishiguro,62)が、今日(2017年10月5日)、ノーベル文学賞を受賞した。受賞後のインタビューで…

  4. サンタクロースの町の近くで夏にトナカイたちを見て考えた

    スウェーデンの国道で、たくさんのトナカイを見たレポート。ついでに、食用トナカイ肉の紹介。スウェーデンの野生動物道路標識「ムース(ヘラジ…

  5. Kim Kyungsoo展

    ※上の画像は、Kim Kyungsooの作品ではない。キョンス(金暻秀)は、20年来のとても大切な友人。今、東京でやっている個展は、行こうと思え…

  6. 空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香

    仕事で必要があって、「高台家の人々」の映画を観たら、「ラブコメディ」というチープな響きを越えた内容で、とても面白かった。森本梢子の同名の漫画、(集英社・全6巻、…

  7. スウェーデン2017年のヒット曲、I can’t go on

    スウェーデンで毎年行われるメロディフェスティバル(Melodifestivalen)で、2017年の栄冠に輝き(3月)、スウェーデンの代表としてユーロビジョンソ…

  8. Uptown Funk:Youtube再生回数24億回超のヒット曲

    今、世界的に流行している音楽は、Youtubeの再生回数24億回を超えているマーク・ロンソン(Mark Ronson)の"Uptown Funk"。(2017年…

  9. 「ベターッと開脚」ベストセラー本のすごい力

    2017年1月、東京の電車の吊り広告でこの本を見るや、すぐに書店に走って中身もろくに見ずに購入。そして、ストックホルムに持ち帰ったまま、こんな本を買…

  10. ムーミンと作者トーベ・ヤンソン

    このページは、2011年9月に、他のサイトに掲載した内容を2017年5月に移動したもの。当時、「いつかはムーミンを原語のスウェーデン語で読みたいという目標を掲げ…

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 人間ウォッチング

    LINEゆるかわ系スタンプのクリエイター、まっで
  2. Uncategorized

    意味のある偶然の一致、シンクロニシティ
  3. こころ・心理学・ユング

    スウェーデンの1コマ漫画「どうせアタシなんて」
  4. 文化、音楽、本

    「ベターッと開脚」ベストセラー本のすごい力
  5. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンのミッドサマーデイ(夏至祭)、白夜の国の極めて大事な祝日
PAGE TOP