続報・冷えとり生活

Sponsored Link


前記事で書いたデカ靴をはいて、日本に行ってきました。街ゆく数千本の足に注目して観察した結果、わたしの始めた冷えとり健康法は「まったく」ハヤっていないことが判明しました。
日本はとっても寒かったのですが、「冷えとり装備の足」はとんと見かけませんでした。
靴下を4枚重ねてはいている、と言うと、みんながたいそう驚きました。誰も知らなかったのです。

冷えとり生活の必須アイテムには、湯たんぽもあって、これもあちこちで売り切れていたのですが、それは、たんなる節電対策なのだそうです。

肝心の「冷えとり健康法の効果」については・・・わかりません。

とりあえず、今までは、冷たいのに慣れていた足が、冷たくないので続けていますが、日本では「ハダシ健康法」という「靴下重ねばき」とは真逆の健康法もありますし、○○健康法には、本当にありとあらゆるものがあって、どれがいいのやら、さっぱりわからないというのが正直なところです。
わたしが専門にしている心理療法にも千差万別の「○○療法」があり、そこには「流行」もあったりするのですが、この話はさておいて。

スウェーデンに戻ってみると、日本にいるときに聞いていた通りの、春らんまんでした。
日本の方が寒いと主張しても、日本に住んでいる人たちは、半信半疑な顔つきでしたが、今シーズンのスウェーデン(ストックホルムとその南)は、本当にあたたかくて、1年前に、寒い冬を越すために買いそろえた北国仕様の防寒グッズの出番がないまま終わってしまいました。

11月の帰国時にも3月の帰国時にも寒さが身にしみた日本で、今までは「おだやか」と認識していた日本の気候も、意外と「いい季節」は短いなと思いながら、ふと車内広告の本の題名に目がとまりました。

「二月の雪、三月の風、四月の雨が輝く五月をつくる」。

本の内容については、読んでいないのでわかりませんが、「雨降って土かたまる」にも似た、心理療法や自己実現のプロセスを思い出させる文句で印象に残りました。

冷えとり生活前のページ

「忙しい」「時間がない」をやめる9つの習慣次のページ

関連記事

  1. 日本

    日本雑感

    先週、日本から戻ってきました。震災後、はじめての帰国だったので、緊…

  2. 日本

    もりたこどもクリニック(大阪)で求人募集中

     (2017.11.16更新)意外と申し込みが殺到しないと聞い…

  3. 日本

    日本人のための日本語検定

    最近の大学生は「日本語検定」を受けて、それが大学での単位になると聞いて…

  4. ケゾえもん

    大相撲観戦はただのスポーツ観戦ではなさそうだ(ケゾえもん)

    ケゾえもんの古い友人の思い出ばなしと、「入れ食い」用語解説。1,80…

  5. 日本

    【保存版】倉敷市児島、地元民の口コミグルメ情報

    (2020年11月16日更新)初めて倉敷に行くことになったダッチさん…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. スウェーデン、ストックホルム

    流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえイラストのタトゥー(…
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】変異ウィルスは怖いぞキャンペーンが大げさすぎる理由(ケゾえもん)
  3. スウェーデン、ストックホルム

    2021年5月コロナNow!:マスクなしで賑わうスウェーデンの飲食店
  4. スウェーデン、ストックホルム

    コロナ対応の甘かったスウェーデン、北欧内で村八分:不可触民扱いされ隣国に行けない…
  5. スウェーデン、ストックホルム

    ノーベル賞2019年、財団の充実ウェブサイト
PAGE TOP