食、レストラン、カフェ

安くて美味しいリースリングワインといえば”カンフー・ガール”

Sponsored Link

今日もこれを飲んで機嫌よくなった同居人が、今、気持ちよさそうに居眠りを始めた。

チャールズ・スミス・カンフーガール・リースリング(Charles Smith’s Kung Fu Girl Riesling)。

ワイン通の愛読雑誌、”Wine Spectator”の「世界のワインリスト・トップ100」で、2014年の第43位に輝いている。手頃な価格(約2,000円)であるだけでなく、リースリングの本場ドイツから遠く離れたアメリカ産にして、毎年1万本以上のワインを試飲しているこの雑誌のお墨付きをもらえているのだから大したものだが、実際に、周りのワイン通のスウェーデン人たちが、みんな気に入って、よく飲んでいる。
とくに、シーフード料理やアジア料理によく合う。(受け売り。)

リースリング(Riesling)は、ドイツにおいて最も重要な地位を占める白ワイン用ぶどう品種である。
(ウィキペディアより)

スウェーデン2017年のヒット曲、I can’t go on前のページ

一流志向のススメ:甫田鵄川の愛弟子 書家 大木水香次のページ

関連記事

  1. 食、レストラン、カフェ

    ストックホルム、一度は行ってみたいレストランAdam and Albin

    自他共に食通を認める知人(スウェーデン人、男)の絶賛するストッ…

最近の記事

人気記事

  1. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  2. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  3. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  4. ワイドショーに見るスケープゴートの深層心理学:人の心に潜む影…
  5. 意味のある偶然の一致、シンクロニシティ
  6. 故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの…
  7. 空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香
  8. NHK「100歳から始まる人生」の103歳スウェーデン人ブロ…
  9. 親になって知ったことは、親のありがたみより子のありがたみだっ…
  10. 生きづらい大人をつくる愛という名の過保護:ヘリコプターペアレ…
  1. コロナ

    コロナ中とは思えないストックホルムの人混み:マスクを探せ!
  2. 人間ウォッチング

    LINEゆるかわ系スタンプのクリエイター、まっで
  3. ケゾえもん

    【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエンスでございますから」…
  4. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンの1コマ漫画「人生とは・・・」
  5. スウェーデン、ストックホルム

    気がつけば30年、日本人夫婦が外国で定年を迎えたとき
PAGE TOP