安くて美味しいリースリングワインといえば”カンフー・ガール”

今日もこれを飲んで機嫌よくなった同居人が、今、気持ちよさそうに居眠りを始めた。

チャールズ・スミス・カンフーガール・リースリング(Charles Smith’s Kung Fu Girl Riesling)。

ワイン通の愛読雑誌、”Wine Spectator”の「世界のワインリスト・トップ100」で、2014年の第43位に輝いている。手頃な価格(約2,000円)であるだけでなく、リースリングの本場ドイツから遠く離れたアメリカ産にして、毎年1万本以上のワインを試飲しているこの雑誌のお墨付きをもらえているのだから大したものだが、実際に、周りのワイン通のスウェーデン人たちが、みんな気に入って、よく飲んでいる。
とくに、シーフード料理やアジア料理によく合う。(受け売り。)

リースリング(Riesling)は、ドイツにおいて最も重要な地位を占める白ワイン用ぶどう品種である。
(ウィキペディアより)

スウェーデン2017年のヒット曲、I can’t go on前のページ

一流志向のススメ:甫田鵄川の愛弟子 書家 大木水香次のページ

関連記事

  1. 人間ウォッチング

    ストックホルム老舗寿司屋の女将の仰天ゴスロリ趣味

    今でこそストックホルムには寿司屋があふれているが、開店26年のSus…

  2. 日本

    【保存版】倉敷市児島、地元民の口コミグルメ情報

    (2020年11月16日更新)初めて倉敷に行くことになったダッチさん…

  3. 食、レストラン、カフェ

    マクロビの七号食を9日目でやめた理由

    (最終更新日:2020年1月12日)「七号食」をやってみると周りに言…

  4. 食、レストラン、カフェ

    ストックホルム、一度は行ってみたいレストランAdam and Albin

    自他共に食通を認める知人(スウェーデン人、男)の絶賛するストックホルム…

follow us in feedly

最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. コロナ

    【コロナ寄稿】姜尚中もそんなにコロナが怖いのか:みんな洗脳されている!(ケゾえも…
  2. スウェーデン、ストックホルム

    Elsa Beskow
  3. コロナ

    【コロナ寄稿】モデルナ社ワクチン有効性95%は誤解を招く詐欺まがいの表現(ケゾえ…
  4. コロナ

    【コロナ寄稿】菅総理の緊急事態宣言の台本はNHK大河ドラマの台本よりすばらしい(…
  5. スウェーデン、ストックホルム

    5月のスウェーデン、もう夏休み気分
PAGE TOP