【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエンスでございますから」が許せない(ケゾえもん)

Sponsored Link

デヴィ夫人も岡田晴恵を斬っていた

岡田晴恵という方が出てくると気分が悪くなります。いい年をした人が 朝からキャバクラ嬢のような ヘア・スタイルで出演しています! はじめて この人をテレビで見た時、妙な違和感と不快感を憶えました。

毎朝のように出てくるこの方のセンスを疑います。新型コロナの感染拡大するにつれて露出が多くなり、それに伴って徐々に 容姿に変化が表れてきて驚き!
眼鏡をはずしたのを機に、毎日服が派手になり、スタイリストがついたのか新品の春の装い、緑や紫のアイシャドウ、くるくるの巻き髪で 感染者や亡くなった方々のニュースのコメントをするのはいったい どんな神経なんでしょう。

“芸能人気取り”はやめて、専門知識を生かし、歯切れのいいコメントを期待したいですね。

デヴィ夫人のオフィシャルブログより一部抜粋「老いた キャバクラ嬢か? 白鴎大学教授 岡田晴恵さん

「老いたキャバクラ嬢」・・・、ケゾえもんの毒舌もかわいいものに思えてきたが、ここで引用されていた「美醜を言っているのではなく、伝染病の病について コメントする人が、長い髪をだらりと垂らして女性らしさを強調するのはどうなのか。」というのは一理あるように思える。

ホクオ
余談。上に引用したデヴィ夫人のオフィシャルブログには、デヴィ夫人が「私の肌をお任せしているスキンクリニック」の広告が、美人院長の顔写真と共に大きく掲載されている。高齢の大物有名人と寵愛される年下女の組み合わせは、瀬戸内寂聴と元秘書を彷彿とさせた。

余計なお世話だが、岡田晴恵は、気合いの入り過ぎたスタイリストにのせられないで江川紹子路線で行くべきだったのでは?

岡田晴恵と対照的な江川紹子

1995年にオウム事件のコメンテーターとしてお茶の間に登場以来、細く長く現在も活躍している江川紹子。郵便局の窓口に座っていても違和感のない、好感の持てる地味さ。
(写真の出典:「毎日新聞政治プレミア」)

こちらは2019年の近影。パーマをあててイメチェンしても、同じメガネとカーディガンというところに、ブレない安定感が漂う。
(写真の出典:朝日新聞デジタル

読者の声(女子トーク)

A子
わたしの気持ちにぴったりする記事でした。岡田晴恵先生、ほんっと、テレビのチャンネル変えたいような、変えたくないような・・。お化粧やら、すけすけひらひらの衣装や、ちょっぴりあいた胸元、うるうるさせて斜め45度(滝クリか?)の視線、ベルトのついた乙女チックな靴、髪の毛も朝から夜会巻したり、あみこみしたり、耳のところにくるんと一巻残して後ろに束ねたり・・・などなど目が離せなくなってました。しゃべり方も、自分に酔ってる感じがして内容が入ってこない。前からずっと気になってたけど、だれもなんにも言わないし、よくテレビに出てるから、誰もあの格好や雰囲気に疑問を抱いてないのかと思ってたからちょっと安心しました。ネットで悪口言うのはやめましょう!
ホクオ
よく見てるなぁ。女子は怖い。おかげで、どんな人物なのかイメージがよりリアルに浮かんできたけど。
B子
ホクオが、動いてる岡田先生を見たらなんて言うか興味ある。分析してほしい!
海外在住C子
最近名前がよく出ていたので、一応名前は知っていましたが、岡田晴恵氏って、こういう人なんですね〜。
それにしても、プロのスタイリストが付くとこうも違うんですねー。????????‍♀️
いつだったか、プロじゃない人がYouTubeで50代60代の人を変身させるサイトがあり、ちらりと見ましたが、ただのオバさんは、それ以上にもそれ以下にもならず、痛いだけでした〜。????
ホクオ
目のつけどころが、そこですか! 文系女子たち、そろいもそろって、ケゾえもんの論理的ツッコミ部分(そっちが主)にはまるで興味なし・・・。
海外在住D子
ホクオさん! ネット上の誹謗中傷で22歳のプロレスラーの木村花さんが自死されたというニュースを読みましたよ。岡田氏はそんなヤワな人じゃないですよね。????
ホクオ
え!? そんなニュースがあったんですか!? 岡田晴恵さん、大変失礼しました。前言、撤回します。岡田さんは、江川紹子ではなくデヴィ夫人を目指してください。「嫌われる勇気」はホクオも目指しています!

嫌われる勇気といえばアパホテル社長

ホクオの尊敬するアパホテルの社長、元谷芙美子。「ひどい誹謗中傷だって気にしない。だって、私に会えばあなたもきっと私が好きになる。」と言うセリフを目にして、かっこいいと思った。

ホクオの妄想上の岡田晴恵

今まで名前も知らず、今も写真でしか見たことのない岡田晴恵。ケゾえもんの原稿を読んだときは、この人はきっと気合いの入りすぎたスタイリストに飾りたてられて、見世物のようになってしまったんだろうと、ケゾえもんとは別の妄想をふくらませた。

しかし、今から少なくとも12年前のこの写真(左)を見つけて考えが変わった。この人はきっと、元々、キラキラしたファッションが好きな可愛いタイプなんだろう。

(左の写真の出典

★このコラムの続きがあります。以下のケゾえもん一覧からどうぞ。

 < 1 2

3



マスクの世界的大流行、正気の沙汰とは思えない異常な光景前のページ

【コロナ寄稿】0.6パーセントで驚け!「コロナ感染率が低いのは、日本人の自然免疫力が強いから」仮説(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. ケゾえもん

    【オーディオ寄稿】スピーカーは絶対ワンウェイがよい(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクターオーディオ談義に話を戻すけ…

  2. コロナ

    脚本で振り返るコロナ騒動:ケゾえもんシネマ「Covid19」 第3話

    ケゾえもんコロナシネマ第3話は、2020年4月7日緊急事態宣言発令会…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. コロナ

    【コロナ寄稿】オリンピックと尾身茂とワクチン考(ケゾえもん)
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】日本が医療崩壊のわけがない(ケゾえもん)
  3. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンの夏休み事情
  4. コロナ

    【コロナ寄稿】コロナ騒ぎのゆくえを予想する:尾身茂の邪魔が心配(ケゾえもん)
  5. スウェーデン、ストックホルム

    黒豆のこと
PAGE TOP