【続コロナ寄稿】1. ムーミン顔の堀賢教授に腹が立つ/上久保教授はガチで勝負(ケゾえもん)

Sponsored Link

2020年10月2日にいただいたケゾえもん寄稿。(2,300文字)
今回、新たにケゾえもん侍に斬られているのは、ホクオには初耳の堀賢教授。思えば岡田晴恵氏もそれまで知らなかったのにケゾえもんのおかげですっかり通になった。

ケゾえもん初代イメージキャラクター

一方、ケゾえもん、かねてより信頼を寄せている上久保教授については、最近出版された本を熟読してますます納得したらしく、“ガチで勝負している”研究者として熱いエールを送っている。

ケゾえもん2代目キャラクター

コロナについてまた書きます

(文=ケゾえもん)
コロナについては、岡田晴恵も消えたし、玉川徹も黙ったし(あれほど強硬に非常事態宣言を求めときながら勝手に黙るな。)私の中では終わったことだと思っていてもう書くまでもないだろうと思っていたが、新たな敵や腹が立つことなどがいろいろ出てきてしまったので、コロナもの復活とする。

良く聞く寝言意見を箇条書きしてみよう。

1.PCR検査陽性者は感染者だ。

2.若年だからと言って安心できない。ある確率で若年も重症化する。

3.コロナ流行は何年も続く。コロナと共存した生活をみつけよう。

4.マスクは絶対必要だ。

5.感染者(PCR検査陽性者)が増えたら躊躇なく自粛、ロックダウンなどを
  実行すべき。

6.いつ医療崩壊するかわからない危険ゾーンに我々はいる。

7.元の生活に戻ることは永遠にない。

寝言言ってるんじゃないよ。各種グラフを見ろよと言いたいね。

これからこの記事は上久保教授の説を中心に話を進めて行く。
それではまず上久保説を私なりにまとめてみよう。
まとめると言ってもこれは大仕事だ。
とにかく書き出してみる。例により脱線するかもしれない。
いや必ず脱線する。

<上久保説>

PCR検査陽性は感染者ではない。おそらくウイルスまたはその断片が体内にいるだけで、ウイルスの場合は免疫により感染できない状態なのだ。
したがって感染者ではない。隔離も治療も必要ない。

普通に免疫を持っている人はほぼ重症化しない。(普通に出歩ける人はおそらく普通の免疫を持っている。)
日本で健康若年で1例ある力士の死亡例も本当にコロナで死んだか精査が必要だ。力士は激しいぶつかり稽古をするので心臓発作などで死亡することがある。心臓発作の場合、レントゲンに肺炎と間違える影ができることがある。

新型コロナは今年中に終わる。その後感染力をなくしたcovid19は消滅し、通常のコロナが人体に入ってきて世界は通常の状態に戻る。(ここらへんについては
おいおい説明するのであわてないで欲しい。)
ウイルスデーターベースのGISAIDが2008年にはじまったばかりなので確定的なことは言えないが、通常コロナに10年に一度スパイク変異が起こり新型コロナが発生すると考えてよいのではないかと思われる節がある。
(2010年にインフルエンザの流行抑制が発生しているのでここでcovid10が
発生していたのかもしれぬ。)
今回は武漢でそれに気が付いてしまい、世界がパニックになり不自然なことをしてADE(抗体依存性感染増強)などが発生し被害が大きくなってしまったが、武漢で騒ぎにならなければcovid19の存在を世界が知らなかった可能性は高い。
なお、コロナウイルスの実行再生産数(R0)は1.4から6.6でものすごく速く蔓延する。
特にR0が6以上のG型は(S型、K型、G型については良ければ私の過去記事参照)入ってきたらまったくあっと言うまに蔓延したのだろう。

現在、コロナの過去の流行経過について疫学的に証明できるのはGISAIDのデーターベースの解析とインフルエンザ流行曲線の解析のふたつだ。
GISAIDの解析については上久保教授は多くの論文を発表していてただ「説」としてマスコミに発表しているだけではない。
上久保教授はガチで勝負しているのだ。

ウイルス干渉(私の過去記事”安倍首相の耳にも入っている上久保教授の「日本ではすでに集団免疫獲得論」には信憑性がある”(2020.7.26)参照)と呼ばれる現象についてはインフルエンザ流行曲線との相関があきらかなのにことさら反対勢力は無視しようとしている。

堀賢順天堂教授は、インフルエンザ流行について聞かれて「コロナの流行がインフルエンザの流行を抑制するなんて人がいますが、証明されていません」とさらりと言ったが、反論するなら名指しで、どこがおかしいのか指摘してみろと言うのだ。
こういうずるな言い方をするやつは、ひっぱたいてやりたくなる。とにかくこいつ偉そうにする。
堀は今年インフルエンザ流行が全然ないことを聞かれて「あきらかにコロナ対策のマスク、手洗い、3密回避がきいている」と言うが、なんであんたに「あきらか」と偉そうに言われなければいけない?
あきらかなんて言うな。本当にデマばかり流しやがって。

せいぜい「マスクなどが影響しているという説がある」くらいがお前が言える範囲だろうが。
断定的に言うな。
どうせ上久保教授のウイルス干渉について「疫学的に確定じゃないのにそんなこと言っちゃってさ」という気持ちで「そんなこと言う人いますが」と陰口みたいに言ったんだろうけど、だったら堀賢、お前も確定でないことは確定的に言うな。
あーこのムーミン顔みてると腹が立つ。
(続く)

(2020年10月2日、ケゾえもん記)

ホクオ
本題とぜんぜん関係ないですが、このムーミン顔という形容は、ケゾえもんによるのでしょうか。それとも巷で言われてるのでしょうか。
岡田晴恵氏もムーミンっぽいかも。ムーミンの原作がスウェーデン語で書かれているのは、みなさんご存知ですか?

ホクオが10年前に書いたムーミンと作家のブログはこちら



中国人が理解に苦しむ半沢直樹人気:日本人には水戸黄門的スッキリ感前のページ

【続コロナ寄稿】2. 上久保教授の新刊本グラフ解説(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. コロナ

    【コロナ寄稿】岩田教授は弁舌さわやかに橋下徹を論破したけれど・・・(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクターまわりを見渡してみると、70歳…

  2. ケゾえもん

    【オーディオ寄稿】スピーカーは絶対ワンウェイがよい(ケゾえもん)

    ケゾえもんイメージキャラクターオーディオ談義に話を戻すけ…

  3. マスク

    マスクの世界的大流行、正気の沙汰とは思えない異常な光景

    (5月18日に公開した記事を6月8日に加筆修正。)ほ…

  4. コロナ

    【コロナ寄稿】1年前にパリに行っておいてよかった(ケゾえもん)

    「またまたコロナを振り返る。」ケゾえもんイメージキャラクター…

  5. ケゾえもん

    【宇宙の運命5】アーサー・C. クラークが特許を取らなかったのは痛恨のミス(ケゾえもん)

    2020年9月18日付ケゾえもん寄稿、「宇宙の運命」シリーズの続き。…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. コロナ

    【コロナ寄稿】ワクチン摂取、副反応をもれなく体験した看護師の詳細レポート(ケゾえ…
  2. 文化、音楽、本

    Henning Mankell
  3. コロナ

    なぜ疫学調査にPCR検査が不適切なのか:スウェーデン人医師説をケゾえもんが解説
  4. コロナ

    【コロナ寄稿】北海道の鈴木知事はもう少し我慢してほしかった(ケゾえもん)
  5. ケゾえもん

    大相撲に興味なくても必見”溜席の妖精”:外国人も絶賛のス…
PAGE TOP