凍った湖で寒中水泳:スウェーデンの日常風景

Sponsored Link

2021年2月6日氷点下10度のストックホルムで、昼と夜の2回外にちらりと出た合計約5分の間に、凍った湖に入って戯れる大人を複数見た。

優雅にバスローブをはおってマンションから出てきて、湖で泳いでまた戻っていくというのを夏でも冬でもおそらく健康維持の目的で年中やっている老人は時々見かけるので珍しくない。遊びが目的の場合、湖が凍ると、ふつうは湖の上を散歩したりスケートしたりするのだが、この日、見たのは、凍っている湖の中で遊んでいる大人たちだった。

1. マンションの入り口で、濡れた長い金髪に水着姿の若い女性が身体にタオルを巻いて、にこやかに戻ってきたのに出くわした。(この例は、健康増進目的かもしれないが。)

2. マンションの屋根の雪下ろし作業が終わったと思われる、はしご車に乗って来た二人の若い男が、ふたりで楽しそうに歓声をあげながら湖にドボンと一瞬だけ入ったかと思うと、また歓声をあげながら走り出てきて、そのまま車を運転して去って行った。

3. 夜の8時過ぎ、マンションの前のヨットハーバーに、サウナボートが来ていて、5,6人の若者が、湖とサウナを大はしゃぎで行ったり来たりしていた。

ホクオは寒くてこの1枚の写真を撮るのがやっとだったので肝心のところがよく見えないが、真ん中の黒い模型鳥の下あたりにサウナボートが停泊していた。

「ゴールデンカムイ」のこのシーンを思い出すが、北海道には今も、こういうのがあるのだろうか。

©集英社「ゴールデンカムイ」野田サトル

下はフィンランドのイメージ画像だが、スウェーデンでも氷に穴を開けて入る。



【コロナ寄稿】ワクチン打つ人も打たない人も知っておこう副作用(ケゾえもん)前のページ

【コロナ寄稿】医師会の会見を聞くと血圧が上がる(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    男性必見!目の保養の季節のショートすぎるショートパンツ

    2017年6月9日、写真追加。毎年、気温が20度近くなると、街じゅう…

  2. スウェーデン、ストックホルム

    手ざわり抜群、スウェーデンBukowskiのぬいぐるみ

    「スイスで、プレゼント用のマスコットを買ったら、メードインスウェーデン…

  3. スウェーデン、ストックホルム

    黒豆のこと

    お正月になってもあたたかく、あいかわらず白くないスウェーデンです。…

  4. スウェーデン、ストックホルム

    ヨックモック(日本洋菓子ブランド) はスウェーデンの地方都市の名前

    おなじみの日本の洋菓子ブランド「ヨックモック」、この名前がスウェーデ…

  5. スウェーデン、ストックホルム

    グーグルのGはジャイアンのG!

    グーグルはジャイアンだなぁと思ったついでに、グーグルが天下を…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. 文化、音楽、本

    Stieg Larsson
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】むやみに不安を煽り続けるワイドショーは第1期に学べよ(ケゾえもん)…
  3. コロナ

    【コロナ寄稿】安倍首相の耳にも入っている上久保教授の「日本ではすでに集団免疫獲得…
  4. ノルウェー

    「わたしがノルウェーに移住した本当の理由」:自然とシンプルライフを求めて
  5. コロナ

    半沢直樹とケゾえもんと上久保教授の新刊
PAGE TOP