【コロナ寄稿】大阪の吉村知事の「マスク会食しかない」愚発言(ケゾえもん)

ケゾえもんイメージキャラクター

「大阪は末期的状況だからマスク会食せよだって。」

(文=ケゾえもん、2021年4月4日)

私のガールフレンドは私が株の話をするのを「世の中には株の専門家がたくさんいるのに素人のあなたがその話をするのは恥ずかしい」と言う。わかってないな。私が株の話をするのは、コロナが季節性だと単に「思う」のではなく「確信している」ということを表明するのにちょうど良い題材だからだ。

だから私が株の話をしている時、そのメインテーマは株ではなくコロナだ。そこのところよろしく。

さて全財産をJALにかけてしまった私の運命はどうなるのか?
それについて今回は考察してみたい。

なんでだろうね、マスコミも人々も死者数に興味を失って久しい。どうして??私にはまったく理解不能だけれどね。私など去年の春から毎日のように死者数グラフとにらめっこしている。現在に至り全財産がかかっているとなると余計だ。

PCR検査陽性者数にばかり、それもそれを分析するにチャートを見ず、マスコミが発表する「今日は何名、先週と比べて何名増加」だけに気をとられている人々には悪いんだけど、ここに死者数のチャートをご披露させていただく。

まず、まんぼう(※註参照)の大阪。

出典:東洋経済オンライン

これ減ってますよね!?これ減ってないって言う人いるの?
確かに(めんどうなので掲載しないが)PCR検査陽性者数は宣言解除後増えてますが死者は減ってますよね?これでどうしてまんぼうなの?吉村知事はどうしててんぱって、もうまんぼうしかないと言い張るの?

※(註)まんぼうとは新しい法律「まん延防止等重点措置」の略。
都道府県知事が自分の管轄の任意の地域を緊急事態宣言状態にできるのだ。
なんかの委員会で尾身茂が「まんぼう、まんぼう」と連発して唱えて、なんかまぬけで多くの人が苦笑した。まぬけでちょうどいいから、私は「まんぼう」を使いたい。

吉村知事はまんぼうだけで足りなくて「もうマスク会食しかない。それが飲食店を救う唯一の道だ。それ以外に良い方法があったら教えて欲しい」と言った。

2021/4/4 放送日曜報道THE PRIMEより
ホクオ
若いイケメン知事ですね!

大いにまちがっているね。解説するが「マスク会食」とはマスクをつけたままレストランで食事することで食べるときだけマスクをずらすこと。そんなこと強制したら、レストラン救うどころか、みんなレストランに行かなくなるよ。私は行かないよ。そこまでして外で食べたいか?私なら行かない。緊急にどうしても外食しなければならない時がない限り外食なんて金輪際しないね。これはどうなるかわからない、定着するかもしれないという人がいるかもしれないけれど、私はそうは思うわない。そうなるとレストランに強力なライバルが現れるからだ。それは家で食べること。

1.マスクを着けてレストランで食べる。

2.マスク無しでぺちゃくちゃおしゃべりしながら家で食べる。

どっちが楽しいか、自ずと明らかでしょ。マスク会食を強制したら外食産業を助けるどころか壊滅に追い込むよ。あとせっかくみんなきちんとマスクをつけている日本であちこちで余分な軋轢を生むことになる。なんでこんだけ死者数が少ないのに、こんな極端なアイデアを思いつき、それしかないと決めつける?合理的判断のできない人間と見なすしかない。大阪府のみなさん、吉村知事を次の選挙で落選させないとだめですよ。

死者数が少ないことについては次回もつづけてお話したい。次回は尾身茂が「われわれの言うことをきかないと飲食店には永遠に時短営業を続けさせてやる」と言ったことについて話す。
(ケゾえもん、2021年4月4日 記)


※冒頭のアイキャッチ画像の出典はこちら

【ケゾえもんコロナ寄稿+スウェーデン】自粛で奪われる飲食店の収入と若者の青春前のページ

【コロナ寄稿】分科会の尾身会長は権力の罠にはまった(ケゾえもん)次のページ

関連記事

  1. ケゾえもん

    【寄稿】私のお勧め映画その2(ケゾえもん)

    「ねえねえ、この映画知ってる?」というコンセプトでケゾえもんが紹介す…

  2. ケゾえもん

    【オペラ寄稿】メトロポリタンオペラの「魔笛」、J・テイモアの演出がすばらしい(ケゾえもん)

    ライオンキングを手がけた名演出家、J.テイモアのマジックにかかった「…

  3. コロナ

    【続コロナ寄稿】2. 上久保教授の新刊本グラフ解説(ケゾえもん)

    2020年10月3日にいただいたケゾえもん寄稿。グラフの好きな方のた…

  4. ケゾえもん

    【映画寄稿】「ベン・ハー」5、イエスが起こした奇跡、私のお気に入り (ケゾえもん)

    教養あふれるケゾえもんによる「ベン・ハー」に関係ない話の多い楽しい読…

follow us in feedly

最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. コロナ

    【映画寄稿】当時感動した「ベン・ハー」につっこみを入れる1(ケゾえもん)
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】ワクチン打つ人も打たない人も知っておこう副作用(ケゾえもん)
  3. 文化、音楽、本

    “To Sweden With Love” The Ar…
  4. コロナ

    【コロナ寄稿】コロナは季節性のはずだが・・・(ケゾえもん)
  5. 食、レストラン、カフェ

    ストックホルムで人気のラーメン屋、RAAMEN
PAGE TOP