人間ウォッチング

ダーリンはアフリカ人:赤い糸で結ばれていた運命の人

スポンサーリンク

(2017年8月27日写真追加)この夫婦に会うたびに、こんなにお似合いの彼らは、この広い地球で一体全体、どうやってお互いを見つけたのだろうと思っていた。

日本中探しても、これほどぴったりの相手はいないのではないかと思ってしまう。

どこでどうやって知り合ったのかと聞くと、香津子(仮名)は、コンピュータを指差してニカッと笑った。「あったかくて、みんなに慕われる民宿のおかみさん」タイプ、と言ったらイメージが湧くだろうか。

きっかけ

香津子は、秋田の実家で父や妹たちと暮らしながら、週末のボランティアとして、国際教養大学の留学生を受け入れていた。

その数年前に、1年間、ニュージーランドでワーキングホリデイをした時に身につけた英語力が、日本に帰国してどんどん落ちていくのをなんとかしたい。そんな話を留学生にしたところ、出会いサイトのMeeticを勧められる。

何気なしに登録したところ、ジョージ(仮名)からメールが届いた。

ジョージは、カメルーン出身のアフリカ系スウェーデン人。本気で嫁探しをしていると言いながら、自分はこんな人間だと一生懸命語るその文面からは、真面目さと誠実さが伝わってきて、微笑ましくも好ましくもあったが、あくまでも英語目的で、メールのやり取りを開始。

メール交換を通じて、次第にジョージを意識し始めるようになった香津子。

7ヶ月後、会いに来て欲しいと言われた時には、香津子も本気になっていた。派遣の仕事も区切りよく、2か月の旅程のチケットを購入。もしかすると、実物のジョージに会ったら、失望してしまうかもしれない。その時にはその時、パリの友人を訪ねてもいいなと、そんなバックアッププランも心の中で準備した。

ジョージに会いに行く覚悟を決め、準備を進めながらも、同居していた父親には、何度も言いかけては言いそびれ、なかなか言い出せなかった。香津子が20歳の時、母親が他界したあと、三人娘の長女として、父にも、独身の妹たちからも頼りにされている香津子だった。

対面

ストックホルムの空港に到着し、ジョージを見た瞬間、香津子はこう感じたと言う。

あっ、どこにいたのよ。

それは、今まで一緒に行動していたのに、ちょっとはぐれてしまった家族に向かって持つような思いだった。

「前世のどこかで、家族だった人にちがいない!」と直感的に思うぐらい、とても初対面とは思えなかったそうだ。

そして2か月間を共にして、二人は当然のごとくに結婚を決めた。

スウェーデンに嫁入り

それから約半年後、香津子はスウェーデンに渡る。

さらにそれから半年後に入籍。

2007年5月、香津子35歳、ジョージ39歳だった。

2007年10月、長男誕生。2009年、2013年には長女と次女が生まれ、賑やかな5人家族になって現在に至る。どこに行くのもいつも一緒の仲良しファミリーだ。
2015年、アフリカ・カメルーンにて。

2016年12月、自宅にて。背景のテレビはやっぱりアフリカ放送?

そして結婚10周年

あたしは、日本人にしては、大雑把。ジョージは、アフリカ人にしては几帳面で細かいから、ちょうどいいんだよね。

大らかな秋田女と繊細なアフリカ男児の絶妙な組み合わせ、そのぴったり感は、10年経っても変わらない。

※二人の最新映像。本日、撮りたてのセルフィ写真。

ファミリーは、この夏、日本で過ごす。
長女と次女は初めての日本。長男と香津子は9年半ぶり。

数年前、知り合った頃、長く日本に帰っていないと言っていた香津子。「帰れるものなら、明日にでも帰りたいよ。」という言葉に胸がきゅんとなった。遠い異国の地で、故郷に思いを馳せながら繰り広げた、笑いと涙のドタバタ母ちゃん奮闘記。ぜひ、どこかのテレビ局に取材してもらいたい。

(2017年6月4日、記。)

おまけ:カメルーンで流行中のビーチサンダル

2017年6月17日香津子の履いていたサンダルは、クリスマスに帰省したジョージが、アフリカはカメルーンから持ち帰ったもの。カメルーンで流行中のサンダル、飾りは毛糸という斬新さ。濡れたらどうなるのか知りたいところ。

日本でのナイスなショット!

日本の暑さは、ファミリーにはきつかったようだ。長男は、京都観光中に、暑さのあまり、鼻血を出してぐったりしていたという。とにかく、毎日、炭酸飲料水が手放せなかったとか。そして、何気なく撮った父娘のこの1枚!
そのままスプライトの広告に使えそうな、ナイスショット!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. こころ・心理学・ユング

    空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香

    仕事で必要があって、「高台家の人々」の映画を観たら、「ラブコメディ」と…

  2. 人間ウォッチング

    Wd-laboのOtsuka氏

    “Wd-Labo”ディレクターのOtsuka氏は、仕事用のサイ…

  3. こころ・心理学・ユング

    老いの参考にしたい詩(「ツナグ」より樹木希林の朗読音源つき)

    仕事のお客さんに教えてもらった詩。「ツナグ」という映画(2010)のエ…

  4. 人間ウォッチング

    一流志向のススメ:甫田鵄川の愛弟子 書家 大木水香

    童女のように茶目っ気のある人。この通り、スタジオでアイドルさながらの写…

  5. 人間ウォッチング

    気がつけば30年、日本人夫婦が外国で定年を迎えたとき

    外国に住んでいる日本人の事情はいろいろだが、子供のアイデンティ…

  6. 人間ウォッチング

    Kim Kyungsoo展

    ※上の画像は、Kim Kyungsooの作品ではない。…

follow us in feedly

スポンサーリンク




人気記事

最近の記事

アーカイブ

  1. 文化、音楽、本

    ムーミンと作者トーベ・ヤンソン
  2. スウェーデン、ストックホルム

    サンタクロースの町の近くで夏にトナカイたちを見て考えた
  3. 生活

    スウェーデンの1コマ漫画「金曜日の顔と水曜日の顔」
  4. こころ・心理学・ユング

    意味のある偶然の一致、シンクロニシティ
  5. 文化、音楽、本

    「ベターッと開脚」ベストセラー本のすごい力
PAGE TOP