LINEゆるかわ系スタンプのクリエイター、まっで

カワイイ系からネタ系まで。有名人のオリジナルスタンプも続々登場!
個性的なスタンプでコミュニケーションを盛り上げよう!
LINE公式ページより)

LINEの「クリエイターズスタンプ」は、LINEの審査を通過した個人が販売しているオリジナルスタンプ。

2014年5月に始まった当初は、400個しか販売されておらず、1,000万円以上稼ぐスタンプ長者が続出し、1年後には、1億円以上売り上げたクリエイターも誕生して話題になった。

今では、37万個以上(2017年3月末)も販売されているため競争も激しく、月に1万円以上売り上げているスタンプは全体の1%程度とも言われている反面、トップクリエーターたちは、じゃんじゃん稼ぎ続けている。

ホクオが、ぜひトップクリエイターを狙ってほしいクリエイターは、ズバリこの人。

こんなところにシリーズ第3弾、「こんなところにLINEゆるかわ系スタンプのクリエイター」発見。(「ゆるかわ」=「ゆるい」+「かわいい」)

ストックホルム在住の「まっで」(37)。


(2017年6月7日撮影)

日本ではグラフィックデザイナーの仕事をしていた「まっで」は、ストックホルムに来て、もうすぐ丸10年。現在は、専門学校でプログラミングの勉強中。

「まっで」の発表しているスタンプは、今のところ下の9つ。

ホクオが、とくに気に入って毎日使っているくらげくん、40個セットの一部。

2年前に、まっでが息子に書いてくれた絵は、今も息子が大切にしている。

この記事を書くにあたり、このページを参考にした。販売数10位以内に入っているトップクリエイターの紹介や、LINEスタンプで稼ぐためのコツも書いてあるので、スタンプ長者を目指している人は必読!

ダーリンはアフリカ人:赤い糸で結ばれていた運命の人前のページ

夏のホリデイシーズン開幕のゴングが鳴る:スウェーデンの高校の卒業式次のページ

関連記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンの最高齢おばあちゃん109歳の誕生日!

    日本のNHKも含む世界中の国で紹介されている、コンピュターもこなすス…

  2. スウェーデン、ストックホルム

    マッチョな児童文学作家がドローン(DJI Mavic Air)で空撮したストックホルム

    ドローンで空撮したストックホルムの街並み。各1分〜1分30秒の短い動…

  3. 人間ウォッチング

    女運はなかったノーベル賞のノーベル

    アルフレッド・ノーベル(Alfred Bernhard Nobel,…

  4. 人間ウォッチング

    ストックホルム老舗寿司屋の女将の仰天ゴスロリ趣味

    今でこそストックホルムには寿司屋があふれているが、開店26年のSus…

最近の記事

人気記事

  1. 骨折したときは腕を吊らないでください(スウェーデン医療)
  2. 【ケゾえもんコロナ寄稿】2020-2023 コロナ専門家たち…
  3. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  4. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  5. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  6. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  7. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  8. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  9. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  10. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  1. スウェーデン、ストックホルム

    Elsa Beskow
  2. ケゾえもん

    【ケゾえもんオペラ寄稿】椿姫1幕最後の場面を銀座のクラブ体験から徹底解説 (クラ…
  3. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンの1コマ漫画「人生とは・・・」
  4. コロナ

    【コロナ寄稿】今日も私はひたすら死亡者数グラフを見ている(ケゾえもん)
  5. コロナ

    【コロナ寄稿】ついに上久保説が一般大衆の目に!:「女性セブン」に拍手喝采(ケゾえ…
PAGE TOP