Uncategorized

文化の違い

Sponsored Link

※ 2005年、スイスに住んでいたときに別のサイトで公開したものを移動した内容です。

「文化の違い」といってもいろいろありますが、日本人の美徳が理解されない例を挙げてみたいと思います。

▼ 「何を飲みますか」!?
よく挙げられる例ですが、西洋人のお宅を訪問して、「お飲み物は何にしますか?」と聞かれたとき、「なんでもいいです。」と答えると、相手は戸惑います。逆に、西洋人には、「なんでもいいです。」と答える人はまずいません。実際、西洋人には、カフェインを含んだ飲み物(日本茶にも含まれていますよね。)は一切飲まない人、飲めない人、朝だけ飲むと決めている人、そもそも温かい飲み物は好きでなかったり、滅多に飲まない人、炭酸飲料水は飲まない人、オレンジジュースなら飲むけどりんごジュースは飲まない人・・・などなどがふつうにいて、「なんでもよくない」のです。「なにもいらない」ときには、“本当に”いらないし、「水道水」を注文する人も珍しくありません。日本人にとっては、「水だけ!?」と思うところですが、「水でいい」のではなく、「水がいい」のです。

日本人の「なんでもいいです。」の裏には、「何を飲むかは重要ではなく、それを囲んでお喋りするのが重要なのだし、とくにコーヒーが飲みたい人がいるなら、自分もそれに合わせれば、相手にあまり手間をかけずにすむ・・・」などという考えや配慮があるのですが、そんな気持ちはまず理解されません。

▼ 日本人の気配りが嫌がられるとき
トイレがどこにあるのか知っていながら「トイレを使っていいですか。」と聞いて、「だめだと言ったら、どうするの?」と冗談まじりに「なんでそんなばかな質問をするのか」と言われることがあります。日本人は、人のウチに行ったとき、「通された部屋以外は行かないのがマナー」とか、「勝手に冷蔵庫を開けてはいけない」とか教えられているのに、そんな態度自体が「リラックスしてない」とか「堅苦しい、息苦しい」と、否定的にとられるのです。

人を招いた場合は、お客さんの脱いだ靴をきれいに並べて、嫌がられることがあったりします。それはお客さんの靴の脱ぎ方に対する批判のように見えたり、そうでなくてもいちいちそんな細かいことに気を配られることは窮屈で居心地が悪い、というわけです。西洋人にスリッパを出して嫌がられる話もよく聞きます。たとえば、「ウチは土足禁止です」と言えば、誰でも靴を脱いでくれますが、「代わりにスリッパをどうぞ」と言われると、彼らはそんな歩きにくいものをはきたくありません。日本人としては、「もし靴下が汚れたらいけないから。」という配慮なのですが、そんなこと、構ってもらわなくて結構、それより、歩きにくいものを無理矢理はかされることがまっぴらごめんなのです。

少し話がそれますが、日本人がスリッパを「スリスリ」と滑らせながら歩く音が大嫌い、鳥肌が立つ!という人もよくいます。これは、音を立てて物を飲んだり食べたりすることと同様に、こちらには少しも悪気がないのに、相手に大きな不快感を与えてしまうことの例でもあります。

▼ 日本人の奥ゆかしさもマイナスの評価を受ける
講義やセミナーの席では、日本人は一般に、気軽にみんなの前で手を挙げて、質問したり意見を言うのが苦手です。こんな態度も、「何を考えているのかわからない。ただ座っているだけで、積極的に参加していない。」と否定的にとられます。日本人は、受け身で講義を聴くことに慣れているし、とくに立派な意見でもないのに、わざわざ人前で言うほどじゃない、とか、個人的な質問をして、他の人の時間を取ってしまうのは申し訳ない、と思っているのですが、そういう態度は歓迎されないのです。

・・・こうした文化の違いは、現地にいると自然に学習できますから、その国の習慣に合わせることはそんなに難しくありません(といっても、人前で、自分の意見を堂々と言うことは難しいですが。)それでも、日本人として、わたしたちが「よかれ」と思ってしている細かい気配りや配慮が通用しないこと、理解されないだけでなく、否定的に取られることさえあるというのは、異文化の中で感じる大きなストレスのひとつではないでしょうか。

Carl Larsson前のページ

言葉の壁など次のページ

関連記事

  1. Uncategorized

    アストリッド・リンドグレーン

    Astrid Lindgren,1907 - 2002(享年94歳)…

  2. Uncategorized

    Elsa Beskow

    エルサ・ベスコフ, 1874 - 1953(享年79歳)1874ス…

  3. Uncategorized

    Carl Malmstenの椅子

    オフィス「こころの森」の小さな空間で、いちばん大切な役割を担う椅子…

  4. Uncategorized

    Carl Larsson

    カール・ラーション, 1853-1919 (享年65 歳)※以…

  5. Uncategorized

    2011年ノーベル文学賞はスウェーデン人詩人が受賞!

    2011年のノーベル文学賞を受賞したのは、スウェーデン人の詩人、トーマ…

  6. Uncategorized

    リンドグレーン作品一覧

    リンドグレーンの邦訳出版本とスウェーデン語原書の、対応リストを作ってみ…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  2. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  3. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  4. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  5. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  6. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  7. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  8. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  9. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  10. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  1. コロナ

    【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエンスでございますから」…
  2. こころ・心理学・ユング

    空想癖のある人たち:「高台家の人々」のヒロインと村田沙耶香
  3. 生活

    男性必見!目の保養の季節のショートすぎるショートパンツ
  4. 人間ウォッチング

    故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの日あの頃
  5. コロナ

    スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、こんな子ども時代アリ…
PAGE TOP