秋の夜空

Sponsored Link

星空の写真

日本でも、空気の澄んでいる秋は、夜空が美しい季節ですが、北欧では、いっそう、それを感じます。なんといっても、北欧の夏は、日の入りが遅くて、深夜でも薄明るいので、空に星があることも忘れるぐらいですから。

長かった日がどんどん短くなり、パラダイスだった夏が終わって、少しものさびしい気分になってきたとき、星空の美しさには元気づけられます。

とはいえ、せっかく、星空のきれいな森の中に住んでいても、紅葉した木々とは違って、星の場合は、わざわざ見ようとしなければ、見ることもなく日々が過ぎてしまうものです。

わたしが、あえて毎晩、星を見ようとしているのは、実は、不純な動機からで、「星を見るのが目によい」と聞いたからでした。

静岡で、おいしくて身体によい無農薬のお茶を栽培していらっしゃるKさんは、今年86歳で、メガネも掛けず新聞も本も読め、車も運転されるのですが、このKさんの視力維持の秘訣のひとつが、星を見ることだそうです。42歳から、ひどい眼精疲労(老眼・・・)が出るようになり、43歳の今は、症状がますます進行中のわたしは、早速、星を見ることに決めました。

「目のために」と思って、渋々、外に出ます。

煌々と電気のついた、明るい室内から外に出ても、すぐには星空は輝き始めません。

目が慣れてくるにしたがって、見える星の数はどんどん増えてきます。無意識に近づくのと少し似ているな、と思えます。(わたしは深層心理学を専門にしています。)

星が見えたあと、こんどは、「星になった人たち」のことが思い出されてきます。そして自分もいつかは星になって、「あの世」に行くことを想像するのです。

人間は、生まれた瞬間から死に向かって生きはじめる。

そして、生きるために食べなくてはならない。
なんという矛盾だろう。

それでいて人間の躰は、
たとえ、一椀の味噌汁を味わっただけで
生き甲斐をおぼえるようにできている。
何と、ありがたいことだろう。

―池波正太郎

2011年10月追記

10月に入ってから、連日、美しい月夜の晩が続きました。家の中からでも見える、「おつきさま」(と呼びたくなるような月です。)に見とれて、星を見る習慣をやめてしまいました。

Henning Mankell前のページ

スウェーデンの画家次のページ

関連記事

  1. Uncategorized

    白くないクリスマス

    スウェーデンに来て、二度目のクリスマスでした。一度目の昨年は、12…

  2. Uncategorized

    言葉の壁など

    ※ 2005年、スイスに住んでいたときに別のサイトで公開したものを移動…

  3. Uncategorized

    もうすぐクリスマス

    クリスマスの1週間前。近所のお宅に、クリスマスのオーナメントを…

  4. Uncategorized

    文化の違い

    ※ 2005年、スイスに住んでいたときに別のサイトで公開したものを移動…

  5. Uncategorized

    こどもの時間感覚

    息子は4歳になって、やっと「あした」がわかるようになりました。3歳…

  6. Uncategorized

    秋の収穫市

    秋晴れの気持ちのよい土曜日、近くの農業高校、Oknaskolanの…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭…
  2. 【コロナ寄稿】明けないコロナの夜明け:コロナの終戦はいつ?(…
  3. スウェーデンでタコパ:こだわりタコ・ラブラブわんこ・およげた…
  4. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  5. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  6. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  7. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  8. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  9. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  10. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  1. 文化、音楽、本

    スウェーデンの作家
  2. コロナ

    【コロナ寄稿】言い訳がましい玉川、懲りない西浦、グッディ登場の上久保説に軍配があ…
  3. コロナ

    【コロナ寄稿】戦争映画とコロナヒステリーのアナロジー(ケゾえもん)
  4. コロナ

    【コロナ寄稿】コロナのワクチンは打ちたくない(ケゾえもん)
  5. スウェーデン、ストックホルム

    夏といえばTed Gärdestad、スウェーデンの尾崎豊
PAGE TOP