スウェーデンの生活

冷えとり生活

Sponsored Link

冷えとりソックスセット
前回、帰国したときに「冷えとり」ということばを知ってから、「冷えとり生活」を始めました。冷えとり生活の基本は、なんとびっくり、靴下を4枚重ねで履くことなのです。
「冷えとり」が、実際に、日本でどのぐらいはやっているのかわかりませんが、本に書いてあるとおりに、「5本指のシルク・ソックス」を買おうとインターネットで検索すると、あちこちで売り切れているので、かなり普及している健康法なのでしょうか。

ソックス4枚重ね履きぐらいで驚いているのは、その道の初心者で、上級者となると、6枚とか、さらに10枚重ねる人もいるんだそうです。

初心者のわたしは、4枚重ねで始めてみたのですが、困るのは、外出時。ふだん履いている靴はきつくてはけません。

わたしは、靴だけは、とってもたくさん持っているのです。もうこの先、サイズが変わることがないのだから、と、流行がなさそうな形の靴をバーゲンで見つけては買いため、もう一生、靴は買わなくていい!とさえ思っていました。

まさか、サイズの違う靴が必要になろうとは、想像もしなかったのです。

何事も熱しやすく冷めやすいわたしなので、冷えとり生活もいつまで続くか、わかったものではありません。

それで、しばらくの間、外出時は、4枚重ねはあきらめて、せいぜい2枚重ねの足をぎゅうっと靴につっこんで、出かけていました。

ところが、自分でも意外なことに、室内での冷えとり生活は、続きました。

それで先月、バーゲンの季節が到来したとき、とうとう、自分のサイズよりもふたまわりも大きい靴を買ってしまったのです! しかも3足も!

はたして、近い将来、このデカ靴たちが不要になる日が来るのか、それとも、もっとデカ靴が増えていくのか。どちらにしても、安いからといって、モノを買いためるのは、やめることにしようと思っていますが。

これが、日本で紹介してもらった本(「ずぼらな青木さんの冷えとり毎日」)です。

日本製品の注意書き前のページ

続報・冷えとり生活次のページ

関連記事

  1. スウェーデンの生活

    黒豆のこと

    お正月になってもあたたかく、あいかわらず白くないスウェーデンです。…

  2. スウェーデンの生活

    秋の収穫市

    秋晴れの気持ちのよい土曜日、近くの農業高校、Oknaskolanの…

  3. スウェーデンの生活

    続報・冷えとり生活

    前記事で書いたデカ靴をはいて、日本に行ってきました。街ゆく数千本の足…

  4. スウェーデンの生活

    スウェーデンの夏休み事情

    写真:ストックホルムの地下鉄今週になって、ストックホルムの街に、ど…

  5. スウェーデンの生活

    ケニアのマイケル

    スウェーデン語の語学学校での授業中のこと。「10年後の自分はどうな…

  6. スウェーデンの生活

    もうすぐクリスマス

    クリスマスの1週間前。近所のお宅に、クリスマスのオーナメントを…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  2. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  3. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  4. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  5. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  6. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  7. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  8. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  9. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  10. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  1. 人間ウォッチング

    ダーリンはアフリカ人:赤い糸で結ばれていた運命の人
  2. コロナ

    スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、こんな子ども時代アリ…
  3. 人間ウォッチング

    流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえイラストのタトゥー(…
  4. 人間ウォッチング

    故郷のおさななじみ自慢:LINEでつながる40年近く前のあの日あの頃
  5. コロナ

    報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに心配するのか→心配な…
PAGE TOP