スウェーデンの生活

こどもの時間感覚

Sponsored Link


息子は4歳になって、やっと「あした」がわかるようになりました。
3歳までは、「今より先の未来」といえば、それが三日後だとか、3時間後だということを把握できず、3分後に起こることを期待していて、たとえば午後、友達が訪ねてくる日の朝、「今日は、お友達が来るよ。」と言ってしまおうものなら、実際に友達が来るまで、「なんでまだ来ないの?」を数時間の間、何百回でも言い続けていたのです。他の同じ年齢の男の子も似たようなもので、息子の友達のお母さんが、わたしにこっそり、「明日から家族旅行でムーミンランドに行くの。息子にはまだ話してないけどね。言ったらタイヘンなことになるから。」などと言ったりしていたものでした。

「あした」の概念を知ると、こんどは、そこで何が起こるかも知りたくなります。しばらくの間、「あしたは何するの?」という質問攻撃に遭いました。それに答えただけでは終わりません。「あしたのあした(つまりあさって)は何するの?」「あしたのあしたのあしたは何するの?」「あしたのあしたのあしたのあしたは・・・。」と、こちらがつきあいきれなくなるまで聞くのです。

過去の方も、しばらくは、3分前のことも三日前のことも「さっき」という言い方でいっしょくたにしていましたが、「さっき」が「少し前の過去」ということがわかるようになって、「ずっと前」という語彙も増えました。
今だにそれ以上の言語化はできないものの、自分の小さい頃の写真を見たがったり、自分が赤ちゃんのときどうだったかを聞きたがったりしながら、「今」が過去からつながっていることを理解しています。

こうして、「今」しかなかったこどもの世界に、次第に未来と過去が加わってくるんだな、ふむふむと思っていたところに、「えっ?」という発見がありました。

息子は、「4歳の次には5歳になる。」「だんだん大きくなる。」「冬が来る」・・・という未来方向のベクトルだけでなく、「いつかまた赤ちゃんになる。」「小さくなる。」という、過去へさかのぼっていくベクトルも信じているのです。

「このおもちゃはふたつあるから、ひとつあげようね。」と言うと応じる息子が、「このおもちゃは赤ちゃんのだから、あげようね。」と言うと、「だめ。」と言います。「ぼくが赤ちゃんになったとき、また使うから。」と。

時間をさかのぼっていくという発想が、おとなにとっては、たんなるSFやファンタジーでも、こどもにとってはそうではない、というのは面白いと思います。

ママも小さくなると思っているようで、「ママが赤ちゃんになったら、ボクが抱っこしてあげるね。」などと言います。

夏にはこんなことがありました。

森でブルーベリーを摘んでいたときのこと。息子が手にもっていた容器をうっかり落としてしまい、それまでにふたりで摘んだたくさんのブルーベリーが全部、茂みの中にばらまかれてしまいました。息子に持たせていたという自分の失敗がくやまれて、わたしは大きな落胆を隠せず、「あーあ。」とためいきをついたまま、その場に茫然と立ちつくしていました。「ごめんなさいって言ってるのに・・・。」と、しょんぼりとつぶやいている息子には目もくれずにいたのです。そのとき息子が言ったセリフが印象に残っています。

「ママがちっちゃくなったとき、ママがブルーベリーを落としちゃったら、ボクも怒っちゃうよ。(それでもいいの?)」

※追記
ここで書いた、「時間をさかのぼる」という、こどものファンタジー的現実感は、短期間で消失しました。

2011年ノーベル文学賞はスウェーデン人詩人が受賞!前のページ

日本雑感次のページ

関連記事

  1. スウェーデンの生活

    秋の収穫市

    秋晴れの気持ちのよい土曜日、近くの農業高校、Oknaskolanの…

  2. スウェーデンの生活

    Happy Easter!

    ※左ウサギ:「お尻が痛いよ~」、右ウサギ:「なんか言った?(聞こえない…

  3. スウェーデンの生活

    ケニアのマイケル

    スウェーデン語の語学学校での授業中のこと。「10年後の自分はどうな…

  4. スウェーデンの生活

    続報・冷えとり生活

    前記事で書いたデカ靴をはいて、日本に行ってきました。街ゆく数千本の足…

  5. スウェーデンの生活

    欧州歌合戦2012でスウェーデンロリーンのユーフォリアが優勝

    スウェーデン人歌手が、2012年5月26日、「ユーロビジョン・ソング…

  6. スウェーデンの生活

    秋の夜空

    日本でも、空気の澄んでいる秋は、夜空が美しい季節ですが、北欧では、…

follow us in feedly

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. 報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに…
  2. 小林よしのり「ゴーマニズム宣言コロナ論」とケゾえもんコロナ映…
  3. 「スウェーデン方式の真相」と老人のコロナ死を自然死だと言えな…
  4. 不朽の名作映画「ニューシネマパラダイス」
  5. 流行の北欧ぬりえ作家ハンナ・カールソン、自分の両腕にもぬりえ…
  6. スウェーデンの夏休み:コロナに負けず遊びざんまいの2ヶ月半、…
  7. 【コロナ寄稿】たけしのTVタックルで三鴨廣繁がぼろを出す(ケ…
  8. 【保存版】30-Day Song Challenge:音楽に…
  9. 【コロナ寄稿】ワイドショーコメンテーター岡田晴恵の「サイエン…
  10. 「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウン…
  1. 人間ウォッチング

    ダーリンはアフリカ人:赤い糸で結ばれていた運命の人
  2. こころ・心理学・ユング

    意味のある苦痛は味わうべきか、避けてもいいのか
  3. コロナ

    「コロナの歌」になった「ドレミの歌」で元気になれる!:サウンド・オブ・ミュージッ…
  4. Uncategorized

    意味のある偶然の一致、シンクロニシティ
  5. コロナ

    報道ステーションでスウェーデン:日本人はなぜコロナをそんなに心配するのか→心配な…
PAGE TOP