スウェーデン、ストックホルム

  1. ノーベル賞晩餐会の予行演習みたいなエリクソン社の豪華パーティー

    (最終更新日:2019年12月10日)通信機器などを扱うスウェーデン最大手のメーカー、エリクソン(Ericsson)は、ノーベル賞授賞式の直前に、ノーベル晩餐…

  2. 吉野彰氏がストックホルム日本人学校を訪問

    ノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏が、2019年12月7日土曜日、夫人を伴いストックホルムの日本人学校を訪問し、小学1年生から中学3年生の生徒たちに向かって日本…

  3. ノーベル賞2019年、財団の充実ウェブサイト

    2019年10月9日、米国のJohn Goodenough、英国のStanley Whittinghamとともに、旭化成名誉フェローの吉野彰氏の、ノーベル化学…

  4. スウェーデンのユニクロ1号店、オープン日レポート

     ユニクロがスウェーデンに進出、2018年8月24日金曜日、ストックホルムに1号店がオープンしました。土曜日にのぞきに行った現地在住日本人の話によると、…

  5. 2017年ノーベル文学賞受賞の日系イギリス人、カズオ・イシグロと日本

     日系イギリス人のカズオ・イシグロ(Kazuo Ishiguro,62)が、今日(2017年10月5日)、ノーベル文学賞を受賞した。受賞後のインタビュー…

  6. スウェーデン、「夏休み明け休み」が欲しい、ふざけちゃいるけどわかる気持ち

     秋風の吹き始めたストックホルムは、子どもも大人も先週の半ばに長い夏休みを終えた。新年度が始まり、今週からは月曜から金曜日まで週5日の通勤・通学生活の日…

  7. ブラッドムーン(皆既月食)と夏の終わり

     天体ニュースは(も)チェックしていないので、ストックホルムでもオーロラが少し見えたという滅多にない話を後で知って、残念に思ったことが何度かあるが、昨夜…

  8. サンタクロースの町の近くで夏にトナカイたちを見て考えた

     スウェーデンの国道で、たくさんのトナカイを見たレポート。ついでに、食用トナカイ肉の紹介。スウェーデンの野生動物道路標識「ムース(ヘラ…

  9. スウェーデンとノルウェーの間の国境はどうなっているのか、最北の国境を越えつつ調べてみた

     島国で生まれ育った日本人にとって、「国境を越える」というのは、物理的に海を渡るという大げさなことなので、地続きで、いとも簡単に国境を越えられるのは、な…

  10. ガイドブックに載っていないストックホルム最新情報:北欧の夏を満喫できる屋上バーRooftop Bar…

     オーガニック系食料品店とレストランが合わさった新しいスタイルで、数年前にストックホルムにオープンして以来人気のUrban Deliが、2017年、スト…

スポンサーリンク




最近の記事

人気記事

  1. スウェーデン、ストックホルム

    ストックホルムで同性愛週間用に特別の信号機の図柄
  2. スウェーデン、ストックホルム

    スウェーデンのゆるいコロナ対策は失敗か?死亡率グラフで一目瞭然3秒証拠とワクチン…
  3. コロナ

    【コロナ寄稿】コロナは感染者数でなく死者数を見ろ:6月19日の死者数の異変(ケゾ…
  4. コロナ

    【コロナ寄稿】尾身茂を失脚させないとこのままでは日本がだめになる(ケゾえもん)
  5. スウェーデン、ストックホルム

    Carl Larsson
PAGE TOP